はいどのはなし

台風が来る前に家庭で備えておくべきもの・ことは?非常用持ち出し袋の中身も

日本は災害大国です。

地震、台風、火山の噴火…

いつ何時なにが起こるかわかりません。

そしてその中でも台風は、普通に雨が降ったり風邪が降ったりとはわけが違う、

甚大な影響をまいとし日本にもたらしています。

火山噴火や地震への備えは必要ですが、

身近で起こる確率の高い台風にはさらに万全の備えをしなくてはいけないでしょう。

じゃあ、具体的になにを備えておけばいいのか?

ぱっと答えられる人は、そう多くないと思います。

この記事では、台風の被害を受けたとき安全に生き延びるために、

家庭で備えておくべきものを紹介していきます。

台風に備えて家庭で準備してほしいもの

ここからは、「備蓄するもの」と、「非常用持ち出し袋の中身」に分けて解説していきます。

もし、「これうちにないな、足りないな」と思ったときは、

表中の「内容」欄リンクから購入できますよ。

備蓄するもの

名称内容
1人1日3リットルで3日分
非常食3日分の食料
日用品 

思ったよりたくさんのものが必要ですね…!

しかも大規模な災害が発生したときは、3日どころではなく、1週間分の備蓄が必要になります。

この量を、災害の直前に集めていたら遅いんです。

2019年の台風19号の前にも、コンビニの棚が各地でガラガラになっていました。

ふだんから買いだめしておき、賞味期限を確認して、食卓にちょくちょく並べるようにしましょう。

非常用持ち出し袋

名称内容備考
飲料水、食料品 
貴重品
  • 預金通帳
  • 印鑑
  • 現金
  • 健康保険証
  • 10円玉
10円玉は公衆電話で使える
救急用品 
身を守るもの 
電源 
服・タオル 
消耗品 
乳児のいる家庭に要るもの 

持ち出しとなると、更に荷物はグッと増えます。

食料はもちろん、モバイルバッテリーなどの電源を忘れないようにしてください。

スマホを充電できる機会もあまりないので、充電節約のため携帯ラジオは必須ですね。

家庭でできる台風対策

ここからは、家でできる台風対策をまとめていきます。

知らなかった・やってなかったものがないか確かめてみましょう。

これは必ずやろう!

家の外の備え


  • 戸や雨戸にカギをかける(必要であれば補強)
  • 側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく
  • 風で飛ばされそうな物は飛ばないよう固定するか、家の中へ格納
  • 車のガソリンは満タンに

家の中の備え


  • 非常用品の確認
  • 飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼る
  • ものが飛び込んできたときに備えて、カーテンやブラインドをおろす
  • 停電に備えてスマホやモバイルバッテリーを充電
  • 停電時も食べ物を冷やすため、保冷剤や水の入ったボトルを凍らせておく
  • トイレの逆流を防ぐため、水のうを置く
  • 現金をもっておく

避難関連


  • 避難経路を確認
    避難するときは、持ち物を最小限にして、両手が使えるように

ものが飛び込んできたり、風が吹き込んで屋根を飛ばしたりしないような対策が必要です。

トイレの逆流を防ぐ水のうは、こんな感じ。

引用:FNN PRIME

ゴミ袋に水を入れて水が逆流・噴出してくるところに置くと効果的みたいです。

お風呂の排水口などにも置いておきましょう。

そして「車のガソリン」「現金」は災害時になかなか手に入らないので必ず準備。

これはやっちゃダメ?

最近論争になっている災害対策と言えば、

  • 浴槽に水を貯める
  • 窓ガラスにテープを貼る

この2つではないでしょうか。

やったほうがいいのか、それともダメなのか、それぞれ見ていきましょう。

浴槽に水を貯める

小さな子どもがいる家庭では絶対にやってはいけません。

幼児は頭が重いので、浴槽を覗き込むと転落してしまいます。

また、浴槽にカビが生えるので、飲料水としての役割もあまり期待できません。

たくさんの水を貯めることができるというメリットはありますが、

デメリットのほうが大きいのでやらないことをオススメします。

はいど
はいど
ペットボトルの水を買ったほうが良さそう

 

窓ガラスにテープを貼る

これは「やってはいけない」わけではありません。

ただし一つ注意点があります。

ガラスにテープを貼っても、補強にはならないということです。

窓ガラスにテープを貼るのは、補強ではなくガラスの飛散防止。

窓を強くするわけではないので、その点は知っておきましょう。

はいど
はいど
目的を知ってやろうね 

 

まとめ:災害には、念には念を入れて備えよう

災害時に必要な備蓄・持ち物について書いていきました。

なかなか、上に上げたものすべてをバッチリ準備しているご家庭は少ないでしょう。

いつ何時災害が起こるかわからない、という態度でしっかり準備をすることが、

やはりこの国に住む以上は必要ですね。

備蓄するもの持ち出し袋、そして対策をもう一度確認したあと、

このページをブックマークして、チェックリストみたいに活用していただけたらと思います。

はいど
はいど
備えあれば憂いなし。足りないものは買っておこう 

居場所を探してるあなたへ。

 

このブログをゆっくり読んで、

あなたの居場所にしてください。

そして、不安で眠れなくなったり、

苦しさで叫びたくなったりしたときは、

ぼくがあなたのみちしるべになります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA