はいどのはなし

第二の瞬間男子が決まったらしい! 初めての自己PRをやってみたぼくの学び

ぼくの尊敬するりっくん(@rikkunblog)が、「熱意を受け継ぐ人」、第二の瞬間男子を探して、MacBookの無料配布企画をしていました。

もちろんぼくも応募しましたよ。

結果は、落選

だめかぁあああああああああ!!!!!

と思ってとりあえずお風呂に入ってグジグジして、20分後くらいにフル回復してこの文章を書いています。

今回りっくんがやってくれた企画では、ぼく自身すごく学びが多かったので、

選ばれようが選ばれるまいがレポートを書くつもりでいました。

というわけで、今回学んだことをレポートにしていきます!

はいど
はいど
99.9%反省です

りっくんが第二の瞬間男子と認めた方

第二の瞬間男子に選ばれたのは、ヤタ(@yata_blogramer) さんでした!

ヤタさんおめでとうございます!!!

https://twitter.com/rikkunblog/status/1192018788918681601?s=20

ぼくが応募した時点では、ヤタさんかナオユキさんだと思っていました。

▼ヤタさん

▼ナオユキさん

https://twitter.com/naoyukiblog/status/1189412824998563841?s=20

それ以降は怖くてみてません!笑

で、ヤタさんが選ばれたわけですが、もちろんきちんと理由があります。

ヤタさんが選ばれた理由、ぼくが選ばれなかった理由を書いていきますね。

はいど
はいど
さあ、傷口をえぐりにいくよ!

りっくんが課していた条件

結果発表後のブログで、りっくんが審査条件を明らかにしてくれています。ありがたいですね。

▼こちらからぜひ読んでください。学びがたくさんですよ

パーフェクト解答

パーフェクト解答

  • ツイートとブログ、動画をすべて活用

これを満たしている人はいなかったそうです。

ぼくはツイートとブログのみ。

で、これ、よく見たらちゃんとツイートに書いてあったんですよ。

アピール方法|ツイート、ブログ、動画

…ね。

はいど
はいど
動画はメンタルブロックかかってた…アピールチャンスを増やす機会だと思ってやるべきだったよな

前提条件

りっくんが審査のために持っていた前提条件がこちら。

「大切に使う」は当たり前
気持ちを伝えるだけじゃ弱い
ツイートだけでのアピールも弱い
ブログはMacBookでなくてもできる
やる気が上がりますとか関係ないからやれ
気軽にほしいとか言えるなら普段から行動しろ
共通して「あたりまえ」のことは強調しなくていい

うん、そうですね。

改めてぼくの応募ツイートを見返します(見たくない)。

ぼくが満たせているのは、

  • 「大切に使う」は当たり前→当然大切に使います(言ってない)
  • ツイートだけでのアピールも弱い→ブログのリンクを貼っている
  • やる気が上がりますとか関係ないからやれ→言ってない
  • 気軽にほしいとか言えるなら普段から行動しろ→ブログ書いてる

満たせてないのは、

  • 気持ちを伝えるだけじゃ弱い
  • ブログはMacBookでなくてもできる
  • 共通して「あたりまえ」のことは強調しなくていい

要は、何がしたいのかあまり書けてなかったのかなってところです。

具体性に欠けたと言うか。

あとは別段、変わった魅力もない気がする。気がしてきた。

正直この自己分析には自信がありません…

ネガティブなので、落選するとぜんぶがダメだったような気がしちゃうんです。

はい終わったダメ人間確定!みたいな。

落ち着いてからもう一度確かめたいと思います。

はいど
はいど
あんまり練れてなくてすみません(汗)

ヤタさんが選ばれ、ぼくが選ばれなかった理由

ヤタさんが選ばれた理由も記事に書かれていました。

ぼくの心理を読んでいる
1ツイートに要約している
記事も非常に読みやすい
詳細をブログで書いている
すでに実績があり行動している
ツイートだけでなくブログを活用
追記を書いてきた

第二の瞬間男子はコイツだ!MacBook無料配布の相手を発表します

ヤタさんのツイートをもう一度。

そうですね、りっくんが日頃からツイートしてることの中で、さらにりっくんの人間性の核の部分が詰め込まれてます。。。

ヤタさんは募集ツイートだけでなく、その少し前までのツイートも分析されてました。

アピールに使われていたブログも読ませていただいたんですが、「この人ヤベェな…」と正直思った。超読みやすかったです。

そして、りっくんの心理を分析する過程をしっかりブログに書いて残していたところが、またヤタさん上手だな…と感服させられます。

りっくんの目に見える形で、明らかにりっくん好みの努力をしてるんですよ(言い方が汚い)

はいど
はいど
実は今回、ぼくに足りなかったいちばんのものは「アピール」じゃないかと思ってます

今回の企画でぼくが準備したこと

  • 自己PRを初歩から勉強
  • りっくんのインタビュー記事を読み込む
  • ツイートや記事の内容を思い返す
  • 自分が提供できることを考える

自己PRを初歩から勉強

所要時間は、脇道にそれつつ7時間ほど。

まず、「自己PRって何?」っていうのがぼくのスタートラインでした。

受験の面接も落ちればいいと思って適当にやってたし、「自己PR」って言葉自体に抵抗があって何となく避けてたんですよね。

そこでまずは「自己PRって何か知らないのにPRできないよね」と開き直って調べて。

学んだことは忘れないうちに記事にしました。

りっくんのインタビュー記事を読み込む

所要時間は1時間。

募集ツイートと同タイミングで、りっくんのインタビュー記事が公開されていました。

https://twitter.com/rikkunblog/status/1188047678560784384?s=20

まずはこちらを熟読。

メモを捨ててノートにまとめてしまったので、どこからどこまでがインタビューの内容だったのか分かりませんが、「りっくんはすごい人を周りに集めたい」というところだけは鮮明に思い出せます。

はいど
はいど
とりあえず無料配布の趣旨とか意図は分かったよ

ツイートや記事の内容を思い返す

所要時間は4時間ほど。

半年以上前からりっくんをフォローしているので、「りっくんはどんなことをツイートしてた/オピニオンで書いてたかなー」ということを思い返しました。

「魂を受けつぐ」って言うりっくんの言葉が気になったので、「りっくんの魂とは?」をずっと追いかけてました。

行動力。行動力もそうだけど、やっぱり逆境をはねのけるたびに成長してきたことかなって思ったり。

▼このへんはツイートにも反映しました。

はいど
はいど
ここの深堀りようが、ヤタさんよりだいぶ下だったってことだね

自分が提供できることを考える

ここに2日間かけました。

自己PRの根幹で、「相手に継続的なメリットがある関係を築くこと」っていうのがあるんですけど、

ぼくにはそれがどうしても思いつかなかった。

強いて言うなら、「りっくんの魂を受け継ぐこと」そのものがメリットなのかなぁと思ったり

だってりっくんはフォロワーさん1万人だから、他人のプロフィールにIDを掲載されたところで大した宣伝にはならないと思うんですよ。

ブログの被リンクだってたくさんもらってます。

結局ここは思いつかないまま、月並みなことを書いて出してしまいました。

あと、ここまで言ってきたような思考過程を、ヤタさんみたいにちゃんと表に出せなかっただけ、自己アピールも下手くそでしたね。

はいど
はいど
傷口に塩が山盛りです

まとめ:ヤタさん本当におめでとう!ぼくは頑張る!!!

今の気分としては、やっと終わってくれた…って言う安堵感が大きいです

ほんとここ1週間ちょっと、内臓の位置がおかしくなりそうなくらい緊張してたので笑

まずはヤタさん、本当におめでとうございます。

ぼくが第二の瞬間男子になれなかったのは悔しいです。

正直、悔しいの三文字では表しきれないですが、ここでは言わずに糧としてそっと胸の中にしまっておきます。

今回のMacBookをブーストにして、ヤタさんはもっともっともっと成長していかれると思います。

ぼくもおちおちしていられないです

今回の落選でぼくが得られたいちばん大きなものは、明日の活力になるこの悔しさですね。

はいど
はいど
冷静な頭でもう一度分析します。
チャンスをくれたりっくん、ありがとうございました!

居場所を探してるあなたへ。

 

このブログをゆっくり読んで、

あなたの居場所にしてください。

そして、不安で眠れなくなったり、

苦しさで叫びたくなったりしたときは、

ぼくがあなたのみちしるべになります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA