HSP

繊細なままで大丈夫。あなたの「生きづらい」は、軽くなります

はいど
はいど
どうも、みちしるばーのはいど(@michishiruver)です

繊細な自分が苦しい、生きづらい…

そんな悩みを抱えているのは、あなたひとりじゃありません。

僕も繊細さんです。

大きな音が苦手だったり、周りで怒っている人がいると怖くなったり、ストレスが溜まりやすかったり…

毎日、大変ですよね。

だけど、あなたの繊細さって、使い方を知れば何よりも大切な感性になります。

いまは振り回されているかもしれないけど、大丈夫。

この記事では『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』を参考にして、

あなたの抱える生きづらさを解消していきます。

繊細なあなたが自分らしく生きるために

「繊細さ」は病気なのか

違います。

これはもう断言しますよ。

あなたの繊細さはおそらく、「HSP」の特徴です。

HSPとは

  1. とっても感覚が繊細な人
  2. DOESの4つの特徴がある
  • D=感情の処理が深い
  • O=刺激を受けやすい
  • E=共感しやすい
  • S=細かいことに気づく

DOESとか出てくるとちょっと難しそうですが、

繊細で、人と少し違う感性を持っている」とざっくり理解してもらえたらOKです。

HSPは病気ではなく、あなたの「感じ方」の特徴であり、「気質」と呼ばれるものです。

自分がHSPかどうか知りたい方は、こちらのチェックテストを試してください。

14個以上、当てはまったらあなたはHSPです。

はいど
はいど
僕は25個当てはまりました
あなた
あなた
ザ・HSPだね

まずは繊細な人、つまりHSPは病気じゃないってことを知っておいてくださいね。

どうやったら生きづらさから抜け出せる?

『繊細さんの本』では、HSPの生きづらさを軽くしていくために大切な、ひとつのポイントが示されています。

それは、繊細さんは繊細なままで幸せになれる、ということです。

むしろ、繊細さを生かして幸せになれます。

この本は、「繊細でストレスを感じやすい人が、繊細な感性を大切にしたまま、ラクに生きる方法」を書いた本です。

あなた
あなた
繊細だから苦しいんだよ? 繊細さをなくしてしまえたほうがラクだよ…
はいど
はいど
それって、できる?

繊細さを無理に押し込めるのは、自分に嘘をつくことです。

嘘は、長続きしません。

あとから絶対に苦しくなって、何倍もの力で跳ね返ってきます

だから、繊細さを押し込めるのはNGです。

繊細さを生かして幸せになる方向に、目を向けませんか?

あなたが幸せになれる繊細さの使い方は、こうです。

繊細な感覚をコンパスに自分にとっていいもの・悪いものを見分け、自分に合う人間関係や職場環境に身をおく

これが大切。

繊細な感性では、辛いこと、苦しいことをたくさん感じ取ってしまいます。

だけど、嬉しいこと、楽しいこと、気持ちいいことも感じ取れるんです。

高画質レンズですね。

だから自分が、

あなた
あなた
お、これはいい!

と思ったものを集めたらステキな世界が、

あなた
あなた
あ、これは苦手…

と思ったものと無理やり接すると苦しい世界ができるわけです。

繊細さは、まさにコンパス

あなたの繊細さは、何がほしくて何がいらないかを知っているんです。

だからコンパスを頼りに、人間関係や職場関係、周りの環境を選び取ってください。

環境に合わせて自分を作り変えたり、無理やり合わせたりする必要はありません。

あなたに必要なのはむしろ、環境を選ぶこと。

自分のいる場所を自分で選べるようになったら、繊細さんはずいぶん生きやすくなるはずです。

まとめ:繊細さはHSP。自分にあった生き方を選んでいい

  1. 繊細なのは、HSPの特徴
  2. 繊細さをコンパスにして、自分にとって心地よい場所を探そう

繊細さによる生きづらさを解決する方法について書いていきました。

大切なのは繊細さを邪魔なものとして扱わず、コンパスにすること

確かに、非・繊細さんはいろんなものをスルーできてラクかもしれません。

だけどあなたは、周りの人よりもすごいコンパスを持っているんです。

そのコンパスを大切にして、自分が「いい!」と思ったものをなるべく集めてみてください

毎日の生活が、けっこうラクになりますよ。

はいど
はいど
あなたが繊細さに消耗せず、個性を生かして生きられますように

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA