学校の悩み

今から学校をサボる方法を伝えよう。

学校をサボりたいんですね。

だけど休んで留年したらとか、親にバレたらとか不安で、どうしようもなくなっちゃってるんですよね。

分かります。すごく分かりますその気持ち。

どうも、不登校の高校生はいどです。

学校に関してものすごく悩んで、うつ病を発症してしまい、いまは通っていません。

中学3年生ごろ、ときどき学校を休むくらいだった時期に、

学校をサボるのに「いい理由(言い訳)」「悪い理由」があることが分かりました。

この記事ではあなたが今日、学校を休めるように、学校をサボる上手な理由について書いていきます。

逆に「絶対言ったらダメだよ」ってことも書きます。

この記事と、あとはあなたの少しの勇気があれば、今日のあなたはお休みです。

休むのは悪いことじゃないです。にんげんだもの。

頑張りすぎてこころが壊れてしまわないように、「息抜きするきっかけを探す」くらいの気持ちで読んでみてくださいな。

学校を休む(サボる)理由のいい例10個

  1. 頭が痛いから
  2. お腹が痛いから
  3. お腹を下しているから
  4. 吐き気がするから
  5. なんとなく体調が悪いから
  6. 生理痛がひどいから
  7. 貧血で苦しいから
  8. 家で勉強するから
  9. 誰かとトラブルがあったから
  10. 学校に行きたくないから

一つずつ解説して行きますね。

頭が痛いから

仮病の三大定番その1。

メリット

どのくらい痛いのか親に分かりづらい

 

デメリット

休ませてくれる親と休ませてくれない親がいる

はいど
はいど
ハードルは低いけど、休めるかどうかは完全に親の考えしだいだね

お腹が痛いから

仮病の三大定番その2。

メリット

どのくらい痛いのか親に分かりづらい

 

デメリット

  • 演技がわりと大変
  • 行かされる可能性もけっこう高い

定番の割には意外といい理由じゃないですね。

トイレに駆け込んだり、痛そうに話したりの演技も大変です。

はいど
はいど
「もう頭痛はこないだ使ったんだよね…」ってときに使うのがオススメかな

お腹を下しているから

仮病としてはちょっと大変度が高いですが、休める可能性も高いです。

メリット

  • 授業が受けられる状態じゃない、と思ってもらえる
  • 公共交通機関を使ってる人は休める可能性大

 

デメリット

  • 演技が大変

お腹を下して大変だった経験は多くの人にあるので、親も無理に行けとは言わないはず。

はいど
はいど
お腹が死ぬほど痛い演技ができれば、けっこう強力かも

吐き気がするから

仮病の三大定番その3。

メリット

  • 「なんか吐きそう…」だけで休める
  • 心配してもらえる

デメリット

  • ごはんを食べられない

仮病の中では、けっこう休みやすいやつです。

だけど体調がちょっと良さそうだとバレるので、朝ごはん抜きは覚悟しておきましょうね。

はいど
はいど
夜食しておけば特に問題なし

なんとなく体調が悪いから

具体的にどこが悪いか言わないっていう手段もあります。

メリット

  • 「なんとなく体がだるい」っていう意外とキツい症状だと思ってもらえる

デメリット

  • どこが悪いの?って聞かれるかも
  • 行かされる可能性もある

効果は家庭によって変わってきそうですね。

はいど
はいど
だるいくらいなら栄養ドリンク飲まされてたのがぼくです

生理痛がひどいから

女子限定ですが、普段から生理が重いふりをすれば、月一で確実に休みが確保できます。

もとから重いあなたは、キツい生理を利用して休んじゃいましょう。

メリット

毎月のことだから、親の抵抗なく休める

 

デメリット

普段から少しだけ演技がいる

そこまで負担になることはありません。

はいど
はいど
ただ、生理じゃないときに使うとバレるよ

貧血で苦しいから

成長期なので、学生は貧血が多いですよね。

「なんか立ちくらみがひどい」「気持ち悪い」って言って休む理由に使っちゃいましょう。

メリット

  • 「成長期だから」と親も納得
  • 演技がラク

デメリット

  • 体が強いと相手にされない

普段から体が丈夫だと、たぶん仮病だってバレますね。

はいど
はいど
ぼくは貧血体質じゃないので、使ったことがありません

家で勉強するから

ここからは仮病じゃなくて、親との交渉・親の方針しだいの理由。

まず、「家で勉強するから」。

あ、本当に勉強しなきゃダメですよ!笑

ぼくは実際に使っていました。

「なんで学校に行くのか分からない、ひとりがいい」というあなたは、月に一度くらい親と交渉してみてもいいかもしれません。

メリット

  • 親に納得してもらえて休める

 

デメリット

  • 受け入れるかどうかは親しだい
  • 勉強しないといけなくなる

誰かとトラブルがあったから

実際に誰かとケンカしていたり、いじめられたりしている場合は、

学校でトラブルがあったから、どうすればいいか考える

って言って休むのも手です。

だってそれがあなたの本心ですからね。

ただ、親によっては心配されすぎたり、話を聞き出そうとしてくるかもしれません。

メリット

  • 1日ゆっくり自分と向き合える
  • 親に助けを求められる

 

デメリット

  • 心配されすぎる可能性
  • 親がいろいろ聞き出そうとしてくるかも

学校に行きたくないから

ストレートですが、学校のことを考えると憂鬱で、ずっと悩んでしまう、というあなたはこの方法を使ってもいいと思います。

ただし、前日の夜に伝えること。そして、当日の朝もバトること。

当日の朝にいきなり「学校に行きたくない」っていうと、親もゆっくり話す時間がないので、気が動転したまま無理やり学校に行かせようとすると思います

だから前日の夜に「学校に行きたくない」と言っておきます。

親は子どもが学校に行ってほしいと思っていることがほとんどなので、ここですごく怒られる・ケンカになるはずです、、、

そして当日の朝も、どうしても休ませたくない親と、休みたいあなたとのバトルです。

なんとしてでも休みましょう。

そこで休めれば、「本当に行きたくないんだ」ってことが親に伝わりますからね。

「学校行きたくない」っていうのは、学校に行くのが当たり前だったらしい親世代からすると、爆弾発言。

それでもぼくがこの方法を採用したのは、「1日サボるだけではこころが回復しないことがあるから」です。

ぼくはちょくちょく学校をサボっていましたが、それでも学校に拒否反応が出るくらいまで無理していました。

いまもうつ病で心療内科に通院しながら生きています。

ちょっと休むくらいじゃダメだったんですよね。

本気で「学校に行きたくない」「もう疲れた」「人生嫌になった」っていうあなたは、絶対学校を休んだ方がいいんです。

そして、それをきちんと周りに伝えて、助けてもらえる環境を作った方がいい。

だから親にも、仮病を使わずに伝えてみてください。それもアリです。

学校を休む(サボる)理由の悪い例4個

  1. 発熱
  2. インフルエンザ
  3. ケガ
  4. お葬式(法事)

ここからは悪い例です。

はいど
はいど
絶対使っちゃダメですよ

発熱

仮病の定番なんですが…場合によっては親に体温計を見せないといけないですよね

すると工作がききません。

工作するにしても大変です。

よく言われる「摩擦」で温度が上がるのか実験したことがありませんが、カイロで温度を上げるとゴミでバレる危険性が高いです。

はいど
はいど
発熱はオススメしないよ

インフルエンザ

インフルエンザだと、学校に行くのに「治癒証明書」が必要です。

病院に行って、お医者さんに「インフルエンザですね」って言われて、さらに治ったことを証明しないといけない…

無理ですよね。

はいど
はいど
インフルはやめよう

ケガ

学校を休むほどのケガだと、かなりひどいケガだと思われます。

なのに次の日には登校してきて、ギプスもせずにめちゃくちゃ元気、とかだとバレますよね。

はいど
はいど
100%バレるのでやめようね

お葬式

お葬式だと、普通の欠席じゃなくて「忌引き」になります。

すると「誰が亡くなったか」によって忌引きの日数が変わるので、学校も「誰が亡くなったの?」と確認してきます。

このとき何も言えなかったり、近すぎる親戚を言ってしまったりすると、後で話を合わせるのが大変です。

はいど
はいど
忌引きになるものはNG

学校に自分で電話するのはNG!

「行ってきます」といって、家を出る。

適当に時間を潰していると、親が出勤していく時間になった。

帰宅して、学校に欠席連絡。

これで休める!!!

っていうのはダメです。

何でかと言うと、学校から親に連絡が入る可能性が100%に近いから。

学校は多くの場合、家の電話番号と親の携帯電話の番号、両方を知っています。

生徒が欠席連絡をすれば、怪しんで親に電話をかけるのは自然ですよね。

はいど
はいど
自分での連絡はほぼ無理だと思ってください

学校を安心して休むために知っておいてほしいこと

学校を休めたとしても、気持ちが休まらないと意味がありません。

気持ちまでゆっくり休めるために、3つのことを知っておいてください。

  1. 単位数
  2. 将来のこと
  3. 自分の気持ち

単位数

高校の場合は、「授業を何回休むと単位を落とす」っていうのがあります。

欠席した日数じゃなくて、「その授業を休んだ日数」のことです

足りるか足りないか不安だと、休むに休めません。

先生に確認するなどして、「どれくらい休んだらヤバいのか」を知っておきましょう。

将来のこと

実は、将来は明るい。

「学校に行きたくないなんて、社会不適合者だよな…」って思う必要はないです。

いまの世の中だと、会社に勤めなくても食べていく方法はあります。

ぼくがやっているこのブログもそうです。

まだ将来のことは考えなくても、「そんなに暗くないんだよ」っていうことは知っておいてくださいね。

自分の気持ち

学校を休めたら、せっかくなので自分と向き合ってみましょう。

どうして学校に行きたくないのか、いま何にモヤモヤしているのか、そんなことを全て紙に書いてみてください。

頭が整理されると不安も減るし、「これが嫌だったんだ」って分かれば対策もできるかもしれません。

学校を休める環境を作るのもアリ

もうどうしようもないくらい学校がキツいなら、時々休むよりも長期的に休む方がいいかもしれません。

だけど、ひとりで決心して、親を説得して、先生を説得するのはキツいですよね。

だから味方を作って、学校を休める環境を作りましょう。

  • スクールカウンセラー
  • 保健室の先生
  • 心療内科・精神科の先生

みたいな、人の話を聞くことが仕事の人に相談してみましょう。

意外と、「学校が辛いんだね、休もうか」って言ってもらえます。

はいど
はいど
あなたはひとりじゃないよ

まとめ:学校は休めるんだ!

学校は、休めます。

バレない仮病を使うもよし。

味方を作って、親を説得するもよし。

学校は義務じゃないので、休んでいいんです。

悪感を感じる必要なんてありません。

あなたが壊れてしまわないように、休憩は必要なものです。

親に伝える理由と、あなたの勇気さえあれば、今日はお休みになりますよ。

はいど
はいど

学校は義務じゃないし、休むのは悪いことじゃない。
しっかり自分のこころの声を聴いてあげよう

居場所を探してるあなたへ。

このブログをゆっくり読んで、

あなたの居場所にしてください。

 

そして、不安で眠れなくなったり、

苦しさで叫びたくなったりしたときは、

ぼくがあなたのみちしるべになります。

 

Twitter、LINE、質問箱、メールから、

好きなものを選んでくださいね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA