学校の悩み

学校に行けないのが苦しいあなたへ。元不登校のぼくからアドバイス

はいど
はいど
どうも、高校生ブロガーのはいど(@michishiruver)です

学校に行けないのは、すごく苦しいですよね。

だって「行きなさい」って言われても、「行こう」と思っても、行けないんだから。

ぼくは中学生3年生のとき、不登校になりました。

大好きな先生に「待ってるよ」と言われてもなかなか登校できなくて、とても苦しかったことを強く覚えています。

学校に行かない、じゃなくて、行けないのが苦しいんですよね。

この記事では、「学校に行けなくて苦しい」というあなたのつらい気持ちをやわらげるための方法について書いていきます。

読み終わる頃には、少し気分がラクになってるはずです。

学校に行けないのが苦しい①親に行けって言われる

親との関係は、本当に悩みますよね。

学校に行けないと親は心配して、「行きなさい」なんて強い言葉で責めてきます。

だけど行かないんじゃないんです。行けないんです。

だから行けって言われてもしかたがない。

ぼくは「毎朝イヤな気持ちで欠席の連絡して、家族みんな気を使ってるのに、どうして分かってくれないの?」なんて言われたことがあります。

気を使われているのは分かってました。

だけどそれでも、怖くて怖くて、学校に行けなかったんです。

家にいる苦しさと、学校に行く苦しさと、どちらか選べって言われてるみたいですよね。

親以外にも、兄弟からの「なんでお前だけサボってんの」みたいな視線に苦しんでいる人も少なくないはず。

ぼくも妹がいたので、「申し訳ないな…」と思いながら休んでました。苦しかったですね。

学校に行けないのが苦しい②なんで行けないのか説明できない

「なんで学校に行けないの?」と言われたとき、答えに詰まってしまいますよね

言いたくない、っていう場合と、いろんな理由がありすぎてわからない、という場合があると思います。

ぼくが学校にいけなくなった理由を分かる範囲で挙げていくと、

  • クラスが学級崩壊してて、受験勉強できなかった
  • 学校の先生から授業を受けるより、ひとりで勉強するほうがよく進んだ
  • 周りにいじめられている子がたくさんいて、苦しかった
  • 行きたい高校と違う高校を受験することになり、心が折れた
  • 周りの親戚や親から「受かる」と言われてプレッシャーだった
  • 集団行動が嫌だった
  • 自分らしく、自分の意見を言える場所に行きたかった

これでも分かるだけです。他にもたくさんあるだろうし、当時わからなかったことがいま分かるようにもなってます。

この中でも「集団行動がイヤ」とかは否定されるので言いたくなかったです。

そして頭も混乱していてまともな思考ができなかったので、「疲れた」としか理由を言えませんでした

理由を言えっていうほうが無茶な話。

何が苦しいのかなんて、説明できなくて当然です。

だけど周りはそれを求めてきます。上手に言えないって、苦しいですよね。

学校に行けないのが苦しい③無駄なことをしている気分になる

ずーっと、時間を無駄に過ごしてるような気がしませんか?

みんなは勉強して、部活に行ってるのに、自分は家でじっとしてる。

何もできないままぼーっとしている。

そんなふうに自分のことを責めていませんか?

ぼくもそうでした。

家の近くが学校なんです。

その学校からチャイムの音が聞こえてくると、たまらなく憂鬱になって、「いったい自分は何をしているんだろう?」と苦しくなりました。

でも勉強にも趣味にもやる気が起きなくって、一日何もできないまま終わっていく。

そうやってどんどん自己嫌悪が募っていいくんですよね。

学校に行くのもつらい、だけど行けないのもつらい。

無駄な時間を過ごしている感覚が、どんどん自分を追い詰めていきます。

対処法:今は休むときなんだと割り切る

苦しい思いを静めるには、「今は休もう」と割り切ることが大事

ここまで、「学校に行けなくて苦しい」という思いをいくつかに分解していきました。

もちろんこれよりたくさんあるし、深めていくともっと深いです。

ただ上に上げた3つには、共通点があります。

  • 親に行けって言われる
  • 説明できない
  • 無駄なことをしている気分になる

それは、あなたが自分を責めてしまうということ。

親に毎朝「行きなさい」と言われるたびに、「行けない自分はダメなんだ」と思う。

「なんで行けないの」と言われても説明できなくて、「なんで言えないんだろう」と悔しくなる。

昼間も時間を無駄にしているような気がして苦しくて、自己嫌悪に陥ってしまう。

あなたの苦しい思いのもとになっているのは、自己嫌悪なんです。

だから「自分はサボってるわけじゃない。今は休むときなんだ」と意識することで、苦しい思いを小さくして、そして消していくことができます。

あなたは今、休むべきとき。だから体が「休んでください」とサインを出してるんです。

心と体のサインが聴けるのは立派なこと。

自信持って休みましょう。

休み方が分からないというあなたは、こちらの記事にもサッと目を通してみてください。

まとめ:「学校に行けなくて苦しい」を解消する方法

苦しい原因の例としては

  • 親に行けって言われる
  • 説明できない
  • 無駄なことをしている気分になる

対策は、休むと決めて休むこと

「学校に行けなくて苦しい」というあなたのつらい気持ちをやわらげるための方法について書いていきました。

3つの苦しい原因の他に、「これから先が見えなくて心配」という人もいると思います。

ぼくの友人には、ふたり不登校の子がいます。

ひとりは中1で不登校になって、その後すっかり元気になって登校していました。

高校は全日制に行ったみたいです。

もうひとりは中3で学校にいけなくなって、そのまま卒業しました。

いまは通信制高校に行ってアルバイトをしています。

不登校になった先に、選べる道はたくさんあります

教室復帰してもいい、しなくてもいい。

通信制高校も、どんどん身近な存在になっています。

大事なのは、あなたがまずゆっくり休んで、その上で判断すること

あなたが自分を責めずに、毎日を少しでも楽しく生きられますように。

はいど
はいど
不安なことがあったら、Twitter(@michishiruver)までDMしにきてくださいね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA