メンタル

どうしても忘れたい失敗を忘れる3つの方法

はいど
はいど
どうもはいどです

日々の生活の中で「やっちゃった、忘れたい! 」と思うことって結構ありますよね。

「黒歴史だわー」と言えるレベルから「もうだめ恥ずかしすぎて死ぬ」というレベルまで。まあ何であれ忘れるに越したことはありません。

この記事では僕のやっている忘れたいことをなるべく早く忘れる方法をレベル別に解説していきます。

結論から言うと

  1. 時間に任せる
  2. 思い出さないように努力する
  3. 意識的に追い出す

この3つです。

はいど
はいど
もう早く忘れたいと思うのでサクっと行きます

レベル1:時間に任せる

「時間がすべてを忘れさせてくれる」ってよくいいますよね。

あれはある意味真実です。

時間で癒える傷には2種類あって、1つは忘れることもできそうにない強い痛み。そしてもうひとつは笑い飛ばせるほどの超超軽い傷です。

例えば誰かの「死」を乗り越えるには時間以外の手段はあまりないでしょう。

反対にちょっと失敗して一瞬恥ずかしかったくらいなら、話題が変われば忘れます。みんなも忘れます。

レベル2:思い出さないように努力する

思い出さないようにしましょう。

といっても無理やり抑え込むと余計に気になるので何か別のことを考えましょう。

よく言われるのは「赤い車を思い浮かべよう」ということですが忘れられるならなんだっていいです

大体のことはこれで忘れられますよ。

レベル3:意識的に追い出す

以前こんな記事を書きました。

https://michishiruve.com/kokoronotoge

言葉で傷つくのも、ミスして落ち込むのも根っこは同じ。

忘れられないときは立ち向かうように追い出すしかありません。

「忘れられない」と言っている限りは嫌な記憶の居場所を心の中に残していることになります

自分で戦って、グルグル思考から抜け出しましょう。

嫌なことを忘れる方法まとめ

  1. 時間に任せる
  2. 思い出さないように努力する
  3. 意識的に追い出す

ずっと同じことを考えると気が滅入ってきますよね。

時には深く考えることも大事ですが、考えてもしょうがないことは潔く忘れましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA