はいどのはなし

誰もが居場所を必要としている。mioさんのプロジェクトを繋ぎたい

どうも、みちしるばーのはいど(@michishiruver)です。

誰にとっても大切で、だけど誰もが持っているわけじゃないもの。それが居場所だと思います。

そんな居場所づくりのために奔走されているmio(@mio_tsuku)さんという方がいます。

mioさんは現在『地元に「生きづらさ」を抱える人たちがほっとできる居場所として、喫茶店を作りたい!』というクラウドファンディングを運営されています。

内容としては、行き場のない人、苦しい人の居場所として喫茶店を作るというもの。

はいど
はいど
しかも首都圏じゃなくて、群馬県に作るらしい!

以前にも紹介しました

2019/06/20現在、プロジェクトは残り9日

必要な1,000,000円の資金のうち、支援総額は63,500円

まずいじゃん!!!

僕はこのプロジェクトに涙が出るほど感動、共感した1人です。

だけど僕1人では残りの936,500円を用意することができません

こんなに大切なことなのに、一体何が足りないんだろうと考えたときに、「拡散量」「知名度」の問題だと思いました。

だからもう一度紹介記事を書きます。

いま居場所がないとひとりで苦しんでるあなた、誰かの居場所づくりに奔走しているあなたに届きますように。

居場所づくりの内容

群馬県に、居場所としての喫茶店を作るというプロジェクトです。

いらしてくださった方がほっとできるような場所づくりとともに、辛い思いをされている方に「別の生き方、別の方法があるよ」と地元から発信していく活動を行いたいと思っております。

生き方は多様なはずです

だけど傷ついたとき、追い詰められたときにはそれが分からなくなってしまいます

mioさんの喫茶店は、そんなときに灯るひとつの明かりになるんじゃないでしょうか。

mioさんの思い

人生の挫折を味わいながらも、同じように生きづらさを抱えている人、疲れ切ってしまった人が安心して一時羽を休めることが出来たら…と一念発起しました

mioさん自身、ご家族の介護や過酷な労働を続け、現在は理不尽にも解雇されてしまっているそうです。

もう死んでしまおうかと、何度も思いました」と言うmioさん。

しかし、「現状を嘆くだけで何もせず死んでしまうのは嫌だ」と立ち上がってくれました。

僕がこのプロジェクトを支援したのは、mioさんの苦しさやきっぱりとした思いが伝わってきたからです。

形だけじゃない血の通ったプロジェクトだと思います。

どうせ飛び降りるつもりならビルの高階層からじゃなくて、清水の舞台からがいい

必要な金額&期限

このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、2019/06/28 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

つまり、2019/06/28 23:59:59までに100万円が集まらないとmioさんに入る軍資金は0円ということです。

例えばお金を持ち逃げしようとしている人ならこんなに目標金額を高くするのはリスクですよね。

Twitterブログもやらないです。

はいど
はいど
このプロジェクトの本気度が伝わったでしょうか

プロジェクトにご支援をお願いします!

少しだけ僕の話をします。

僕の夢は、辛くなったときに最初に駆け込める居場所を作ること。そして、日本から自殺者をなくすこと

様々な要因で人生に絶望してしまった人のニュースを見るたびに「自分は何もできなかった」と後悔の念にさいなまれます。

だから、居場所づくりをするその一端を担わせてもらえるなら、この世界の何かが変わるかもしれないと思って行動しています。

この記事に、僕やmioさんに出会ってくれたのも何かのご縁。

500円からでいいので、資金面から居場所づくりを支えてみませんか?

死にたい、と思っている人にとって、世界が少しでもよくなるように。

はいど
はいど
待ってます!
居場所を探してるあなたへ。

 

このブログをゆっくり読んで、

あなたの居場所にしてください。

そして、不安で眠れなくなったり、

苦しさで叫びたくなったりしたときは、

ぼくがあなたのみちしるべになります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA