学校の悩み

めんどくさいをぶち破る3ステップ! 嫌なことに取りかかる方法

はいど
はいど
どうも、みちしるばーのはいど(@michishiruver)です
以前、勉強法について記事をまとめました。
学校生活、勉強がすべてじゃない!最速で勉強を終わらせる方法 普段どうやって勉強してますか? インターネットでも本でも、いろんな勉強法を手に入れることができますが、 情報が多すぎて、結局何を...
「どうやったら早く勉強を終えることができるか」、という考え方で書いたものです。 この記事では、それ以前の問題、「やる気が出ない……」への対処を書いていこうと思います。 僕は課題を先送りするタイプですが、このやり方を使うとあまり抵抗なく勉強に取り掛かれました。 それは「作業を細かいステップに分けること」。 どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、 真面目にやってみると効果は絶大だったので、この記事でシェアしたいと思います。

やる気を出すのに必要なのはわずか3ステップ

僕はメンタリストDaiGoさんのこちらの動画を見て、細かく分けるやり方を試しました。
https://youtu.be/8nacUYJhPQ8
あなた
あなた
いや、どっかで聞いたことある
あなた
あなた
もう試しちゃった
確かに、勉強法についてしっかり調べているなら知っていたかもしれません。 だけど、ちょっとコツがあります。 動画を見て実行した3ステップがこちら。
  1. 抱えている課題を書きだす
  2. 細かく分ける
  3. すぐ終わりそうなものからやる
ただ書き出すだけじゃないんです。 実例を入れながら解説してみますね。

抱えている課題を書きだす

僕の場合は長期休暇の課題だったので、 「この問題集の〇ページから〇ページの〇番と〇番」みたいに書いていました。 この後細かく分けていくので、なるべく詳しく書くのがポイントです。 そして書いているうちにすでに1つのことに気づきました。
はいど
はいど
あれっ、課題意外と少なくね?
1番苦手な数学の問題集を開いてページを確認していると、飛んでいる箇所がかなりありました。 つまり大量の課題があると錯覚していただけだったんです。
あなた
あなた
範囲表見てなかったんかい!
いや、意外と気づかないもんなんです。 文章で表されるより、自分で確認しながら書いたほうが、実感を持って分かる気がします。
はいど
はいど
これだけでかなり気分が楽になった

細かく分ける

先ほど書き出したものを分けていきます。 これはもう分けられるだけ分けてください
  • 問題集を開く
  • シャーペンを持つ
  • 1番をやる
  • 2番をやる
くらいの勢いで。 僕は国語の問題集の漢字と、それから文法を見直したかったので、
  • 部首の種類
  • 音読みと訓読みの見分け方
  • 文節の分け方
  • 文の成分
という風に調べることを書いていました。 このとき僕は大きめの付箋に書きましたが、そこはお好みで。

すぐ終わりそうなものからやる

動画のなかでDaiGoさんが「5分で終わることはすぐやったほうがいい」と言っていたので、 さくっと終わりそうなものからやりました。 1分かからないような「これの意味を調べる」、など。 あとはひたすらやるだけです!

結果:やる気が出すぎて楽しくなった

自分でも驚くくらいのスピードでいろんな課題が片付いていきました。 進み具合がわかりやすいので、少し長めの課題でも集中力をキープできます。
はいど
はいど
もっと早く知っとけばよかったな

まとめ:人間は目的地が近いとやる気になる

  1. 抱えている課題を書きだす
  2. 細かく分ける
  3. すぐ終わりそうなものからやる
やることがいつまでも終わらないと、先延ばし感があってなんだかいやな気分になりますよね。 提出期限が近づくにつれて、どんどん憂鬱になっていきますし。 小さく分けていくのは結構手間がかかるけど、そのぶん課題が進みやすくなるので、 トータルの時間で見るとむしろ早く終わりますよ
はいど
はいど
手元の課題、細かく分けてみてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA