LGBTQ+

【朗報】企業の「アウティング防止対策」が義務化されるらしい!

アウティング」って知ってますか?

アウティングとは、相手のセクシャリティをかってにバラすこと。

セクシャリティとは何かをかんたんに説明すると、「LGBTQ+どれにあてはまるか」みたいなことです。

▼正確には意味が違うのでこちらの記事を読んでください

相手がセクシャルマイノリティであることを話してしまう「アウティング」ですが、

企業の「アウティング防止対策」が義務化されるらしいですよ!

…とは言ってもいまいち重要性がわからないし、横文字だらけで分かりづらいですよね。

この記事では、企業でアウティング防止が行われることの大きな意味について解説していきます。

アウティングとは?

まず、改めて「アウティング」とは何かを解説します。

他人の秘密を暴露すること。他人のセクシュアリティーを暴露する場合に多く用いられる。

デジタル大辞泉

カミングアウトは、当事者が自分の意志でセクシャリティを公表することですが、

アウティングは、それを知った人が勝手に周りに広めること

あなた
あなた
つまり、「秘密をバラすこと」っていう意味?  

はいど
はいど
そうだけど、それだけじゃないんだよ  

アウティングがもつリスク

アウティングには「相手が秘密にしてきたセクシャリティをバラす」っていう大きな問題があります。

だけど本当の問題はもっと大きい。

アウティングは、いじめや自殺につながることがあるんです。

「一橋大学アウティング事件」という事件を知っていますか?

一橋大学アウティング事件とは、ゲイの学生が男性に告白し、男性のアウティングをきっかけとして投身自殺したとされる事件。

Wikipedia

ぼくはLGBTQ+当事者としてカミングアウトをしたことがあります。

その時は本当に怖かったです。

相手に受け入れられないかもしれない、場合によっては人格や存在自体を否定されるかもしれない

だから、自分の知らないところでカミングアウトした内容が知られるっていうのはショック。

ぼくはTwitterでセクシャリティを公表していますが、

フォローしあってる友達の関係から高校の同級生にアカウントを知られてるっていうのを知ったときはビビりました。

さすがにSNSで公表してるので見るなとは思わないけど、

アウティングって「バラされる+不特定多数に知られる」ことだから相当な恐怖だろうなと思います。

はいど
はいど
命に関わる大きなリスクをはらんでるのがアウティングなんだよね  

アウティングを規制することの重要性

繰り返しになりますが、アウティングは命に関わる問題です。

もはや「規制は重要です」ではなく「規制は義務です」というレベル。

ヘイトスピーチを禁止したり、セクハラを禁止したりするのと同じように、

人の尊厳や命を守るための制度として、アウティングは規制されるべきなんです。

まとめ:アウティング規制は人の命を守るための決まり

  1. アウティングは人を深く傷つけ、時には死にまで追いやる
  2. 規制するのは人としての当たり前の生活を守るため

アウティングの規制について解説していきました。

アウティングは日常とかけ離れてるような気がするかもしれませんが、

セクシャルマイノリティはあなたの周りにも必ずいます。

明日カミングアウトされないとも限りません。

また、海外では有名人のアウティング、という事件もあります。

かってに芸能人や政治家のセクシャリティを公表してしまうという事件です。

アウティングした人がどう思っていようが悪いことなんですが、

「アウティング」という言葉を知らないと異常であることに気づけませんよね。

これはおかしいぞ、って思えるようになるためにも、

アウティングが人の気持ちや生活、命を踏みにじるものだと知っておいてほしいと思います。

居場所を探してるあなたへ。

 

このブログをゆっくり読んで、

あなたの居場所にしてください。

そして、不安で眠れなくなったり、

苦しさで叫びたくなったりしたときは、

ぼくがあなたのみちしるべになります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA