LGBTQ+

カミングアウトするかしないは自由!自分の思う方向に進もう

あなた
あなた
カミングアウトするかどうか悩んでるんです…

という相談をしてくれる方がときどきいるので、ブログでも答えてみようと思います。

ぼくは、家族と親しい友人にFtM&ゲイをカミングアウト済みで、Twitterやブログでもオープンにしています。

だけど、カミングアウトはしてもしなくてもどっちでも良い派です。

この記事では、カミングアウトを迷っているあなたに向けて、少し判断材料になりそうなことを書いていこうと思います。

カミングアウトは義務じゃない!

まず、カミングアウトは義務じゃないので、やってもやらなくてもいいです

「やらないとLGBTとして認めない!」とか、そんなこと思ってる人はほとんどいませんからね。

すごくカミングアウトしづらい環境で過ごしている人もいますし。

そもそも、あなたがカミングアウトしても、しなくても、あなたが思っているセクシャリティを信じていいんですよ。

はいど
はいど
カミングアウトすることと、自分のセクシャリティを肯定することは、切り離したほうがいいよ

カミングアウトしてぼくが得られたもの

  • 家族、友人の理解
  • 男の子としてみてもらえる幸せ
  • 短髪とかっこいい服

ぼくは、FtM(トランスジェンダー男性)であることと、ゲイであることを周りに話しています。

結果、カミングアウトは成功しました。

得たものは大きかったです。

それは、相手が少なからず「男の子」として認識してくれること。

自分の性別を偽らなくて済むっていうのは、本当に幸せです。

男の子として見られることで、自然とファッションもメンズのもので認められるようになりました。

はいど
はいど
普通の男子としての生活ができるのはすごく幸せ!

カミングアウトしてぼくが払った代償

  • 何となく微妙な関係になる

正直、関係はちょっと変わりました。

日常で言われる言葉に、「それちょっと違うんだよな」「誤解なんだけど」と思っても言えなかったり、

カミングアウトしたことによってちょっと気まずい感じにはなりました。

あいてが気まずさを出してるんじゃなくて、ぼくが一方的になんとなく申し訳なくなってる感じです笑

また、ぼくはカミングアウトを受け入れてもらえましたが、受け入れてもらえなかった、という声も聞きます。

  • 家族に「思い違いだ」と否定された
  • 友達と関係が壊れた

だからぼくは、無責任に「カミングアウトすればぜんぶOK」とは言えません

カミングしないことは悪ではない

逆に、カミングアウトしない、という選択は悪なのかと言うと、それは違います。

例えば、あやにーさんという方がいるんですけど、あやにーさんはバイセクシャルだということを積極的には言っていません。

「プライベートなことだから」という考えだそうです。

個人の考えだし、そういうのもすごくいいと思います。

また、「クローズド」と呼ばれる一部でしかカミングアウトしていない人もいるんですよ。

いろんなカミングアウトの形があっていいし、言わないのも自由。

カミングアウトしないことは、決して相手をだましているわけでも、嘘をついているわけでもありませんからね。

はいど
はいど
いろんな形・生き方があっていいんじゃないかな

まとめ:カミングアウトするかしないかは、自分で選んでOK

カミングアウトする・しないは自由。

どんなふうにやるかも自由。

何もかもが実は「しなきゃいけない」なんてなくて、自由だってことを知ってほしくて、この記事を書きました。

「カミングアウトしようかな」と悩んでいるあなたに。

隠していることが辛いなら、話してもいいと思う。

「この人なら受け入れてくれる」と思える、ちょっと安心できる人に、伝えてみてもいいんじゃないかな。

もし、「カミングアウトしなきゃダメだ」って思ってるなら、しなくて大丈夫。

別にカミングアウトしなくても、いろんな生き方があります。

大事なのは、あなたが本当にやりたいことを選ぶこと。

だからカミングアウトするかどうかの答えは、きっとあなたの中にありますよ。

はいど
はいど
「自由」があまりにも重たくなってきたら、ぼくに相談してくださいな

はいどにTwitterで相談する

居場所を探してるあなたへ。

 

このブログをゆっくり読んで、

あなたの居場所にしてください。

そして、不安で眠れなくなったり、

苦しさで叫びたくなったりしたときは、

ぼくがあなたのみちしるべになります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA