メンタル

苦しい、助けて…そんなときにやってみてほしい3つのこと

はいど
はいど
どうも、みちしるばーのはいど(@michishiruver)です

苦しい、もう限界だとわかっている。誰かに助けてほしい。

だけど、毎日頑張らないといけない。

そんな日常で感じる違和感、ありますよね。

その苦しさ、見逃しちゃダメです。

なぜなら、間違いなく心が助けを求めてるサインだから

とは言っても、急に学校や仕事をやめたり、人と縁を切ったりする必要はありません。

できる範囲で、小さく、だけど確実に「苦しい」を軽くする方法について、この記事では書いていきます。

はいど
はいど
「助けてほしい」って思うくらい頑張ったんだよね。もう大丈夫

どうして苦しいのか、考えてみよう

苦しい、と言っても、その原因は人それぞれです。

あなたはどうして苦しい思いを抱えているんでしょうか。

苦しさの原因はすごくざっくり分けて2つ。

自分の状態と、周りの環境です。

自分の状態

  • 体調が悪い
  • ストレスがたまっている
  • 難しい課題に直面している

周りの環境

  • 苦手な人と接しないといけない
  • いじめやハラスメントを受けている
  • 暑い、寒い、花粉、PM2.5

はっきり分けられるわけじゃありませんが、

自分の状態が悪いのか周りの環境が悪いのかが分かれば、対処しやすくなります。

はいど
はいど
まずは原因をなんとなく知っておこうね

苦しい気持ちへの処方箋

さて、それでは対処法を考えていきましょう。

正解はないけど、アドバイスとして少し心にとめておいてください。

まずは休む

自分の状態が悪い方は特にです。

睡眠、足りてますか

ごはん、ちゃんと食べてますか

楽しいと思えることをやる時間は、足りていますか

休むっていうのは、自分のこころと体に本物の栄養を注いであげることです。

20分だけその場で仮眠をとってみる。

時間に追われて適当に済ませていた昼ごはんを、10分かけてじっくり味わってみる。

こころにじんわり染みるような、お気に入りの本や映画に触れてみる。

有給が取れなくても、残業の嵐でも、部活と課題で土日休みが潰れても、

自分が本当に欲している栄養をとる時間を第一優先にしましょう

はいど
はいど
無理しないっていうのは、そういうこと

捉え方を変える

いまあなたを苦しめている原因を、やめてしまえたら楽ですよね。

だけどそれじゃ生きていけないという人、怖くてできないという人が多いと思います。

「やめなきゃ」という思いが新しいストレスになってしまうなら、やめなくていいです。

その代わり、少しでも気持ちが楽になるよう捉え方を変えてみましょう。

  • 嫌いな人がいる→考え方を広げるチャンス
  • 難しい課題に直面している→乗り越えて成長するチャンス

どう受け止めるかを変えるだけで、少し気持ちが軽くなるかもしれません。

ただ、捉え方を無理に変えて無理やり頑張るのはナシですよ。

すでに「苦しい」「疲れた」「助けて」という気持ちがあるのに、それをなかったことにして頑張ったら倒れてしまいます

あくまで、捉え方を変えるのはあなたが楽になるための手段。

はいど
はいど
決して、自分を追い詰めるために使わないでくださいね

助けてと叫ぶ

あなたがもし、検索窓に「助けて」って打ち込みながら、Twitterで「#助けて」をたどりながら、

「本当に誰か助けてよ…」と思っているんだったら、

その気持ちを、言葉にしてみませんか

周りの人に「もう限界、助けて」と、ひとこと言ってみませんか

すごく勇気がいることだと思います。

受け入れてもらえないかも、甘えだって言われるかも、無視されるかも…

不安はつきませんよね。

だけど、思ったよりみんな優しいんですよ

誰かを傷つけることを目的に生きている人なんてほとんどいません。

たしかにみんな忙しくて、自分のことで一杯いっぱいかもしれないけど、

少し余裕がある人なら必ずあなたを助けてくれます。

あなた
あなた
人に話したって何も変わらないでしょ

はいど
はいど
そんなことないよ。自分の頭が整理されて、なにか解決の糸口が見つかるかも

僕は精神疾患をわずらって、現在高校を休学しています。

休学なんていう大きな決断ができたきっかけは、保健室の先生に自分の苦しさを相談したこと。

何度か話を聞いてもらう中で通信制高校を勧められたのですが、じっくり考えてみて

  • 元気なら、今通っている高校で学びたい
  • 転校しても、勉強に手がつけられないなら苦しさは減らない
  • せっかく会えた友人と離れたくない

こんな理由で「転校」ではなく「休学」を選びました

勇気を持って助けを求めても、直接的な答えはもらえないかもしれません。

だけど、解決のためのヒントや、心の支えになる言葉、そして居場所を見つけられることだってあります。

はいど
はいど
怖いと思う。だけど、一回でいいから、声を上げる勇気を持ってみませんか?

苦しいときは、またここに来てください

  • こころと体に栄養補給
  • 捉え方を変える
  • 「助けて」って言ってみる

ほんの少し、あなたが楽になるためのヒントを示したつもりです。

苦しくなって、助けてほしいって心が叫んでいる。

それにちゃんと気づけたあなたは本当にすごい。

ずっと今まで、頑張ってきたんですね

ちょっとずつ、自分を休ませる方法を取り始めてもいいと思いますよ。

苦しいとき、疲れたとき、寂しいとき、いつでもまたこのブログに戻ってきてください

「話を聴いてほしい」という方がいたら、僕のTwitterにDMしてきてください。いくらでも聴きます。

「苦しい」って言っていいんです。「助けて」って言っていいんです。

はいど
はいど
もうあなたはひとりじゃないですよ

ここまで頑張ってきた自分を、まず褒めてあげてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA