HSP

HSPが自分の性質を見つめなおせる「過敏性プロファイル」とは?

はいど
はいど
どうも、みちしるばーのはいど(@michishiruver)です

多くのHSPさんが、HSPのチェックリストをやってみたことがあると思います。

病院で受診して出る「病名」とは違って、セルフチェックになりますからね。

だけどネットでできる診断って、すごく曖昧な表現が多くないですか?

「微妙な味が好き」とか「繊細な音楽」とかあったと記憶してます。

数値として繊細さが出るものもほとんどないし、いまひとつ分かりにくい…

そう思っていたぼくですが、ネット診断ではなく本の診断でとてもいいものを見つけました。

過敏性プロファイル」というHSPのセルフチェック方法があるみたいなんです。

HSPの性質をめちゃめちゃ詳しく分析できる分析方法で、繊細さの度合いといっしょに

HSPのどんな性質を強く持っているのか」がわかります。

過敏性プロファイルについて書いてあるのは、『敏感で傷つきやすい人たち HSPの真実と克服への道』という本。

この記事では、どこよりも詳しいHSPチェックである、過敏性プロファイルについて紹介していきますね。

過敏性プロファイルとは? 他のセルフチェックとの違い

一言で表すと、体と心の繊細さを自己診断するものです。

ひとことで「HSP」といっても、特性はさまざま。

誰一人として同じ人間がいないのと同じで、HSPも人によって少しずつ違います

例えば聴覚と触覚(触られる)の刺激が苦手なぼくと違い、妹は視覚と味覚の刺激に弱いんですよね。

身体的な違いだけでなく、敏感さの程度や、どんなことをストレスに感じるのかまで人それぞれ。

性格が十人十色なのと同じようなものなんだと思います。

過敏性プロファイルでは、HSPの細かい要素をチェックして、「自分はどんなHSPなのか?」を知ることができます。

また、HSP以外にも敏感さの原因になっていたり、敏感さをさらに強めたりしている、

幼少期のトラウマや家族関係についても調べられます。

  1. HSPとしての特徴がわかる
  2. HSP以外で敏感さの原因が分かる

具体的な計算方法や質問項目は省略して、この記事では敏感さを作っている原因に焦点を当てていきます。

感覚過敏

その名の通り五感の敏感さを表したものです。

HSPの特徴としては結構おなじみなんじゃないでしょうか。

僕も知り合いや友人にHSPを説明するときには、言葉で表現しやすい感覚過敏について話します。

僕は5問中5問当てはまって満点でした。

はいど
はいど
感覚過敏をきっかけにHSPに気づく人って、多いんじゃないかな 

馴化抵抗

馴化(じゅんか)とは刺激に慣れること。馴化抵抗刺激への慣れにくさのことです。

例えばずっと気になる音がなっていたり、強いにおいがしていたときに、

それに慣れることができないのが馴化抵抗の強い人。

僕は5問中5問当てはまり、これも満点。

馴化抵抗が強い人は、新しい環境急な予定の変化などに混乱しやすいです。

はいど
はいど
馴化抵抗もHSPの特徴としてよく言われるね  

愛着不安

これはよく、アダルトチルドレンについて話すのに使われる言葉です。

愛着不安は、好きな人に捨てられたり、拒否されることに強い不安を感じる気持ちのこと。

親に愛されたかどうかが深く関わってくるものです。

あなた
あなた
HSPの繊細さと関係あるの? 

はいど
はいど
愛着不安があると、好きな人に限らず「嫌われたくない」っていう気持ちが強くなるんだよ 

また、愛着不安は人生の幸福度を大きく下げてしまうようです。

親との関係を上手に築けなかった人は、対人関係で不安定な大人になります

見捨てられることに対する不安を抱え続ける人もいれば、愛を拒絶し続ける人もいます。

両方当てはまる人もいればほかのケースの人もいて、一概に2パターンとも言えません。

僕は5問中4問当てはまりました。

心の傷

未解決な心の傷を抱えている人は傷つきやすく、また新たな傷も治りにくいと考えられています。

またフラッシュバックに苦しめられる人もいるようです。

ぼくは、フラッシュバックと言っていいのかわかりませんが、

嫌なことが頭から離れなくなって数カ月間支配されてしまうというようなことがありました。

HSPの「嫌なことを引きずりやすい」という性質や、「すぐ落ち込んでしまう」という悩みをより強くしているのは、

まだ治っていない心の傷が原因かもしれません。

愛着不安と同居しやすい性質であり、愛着不安による傷は特に幸福度を下げるので、注意が必要。

僕は5問中5問当てはまりました。

はいど
はいど
納得なんだけどひとつも嬉しくない 

身体化

不安やストレスが自律神経を乱しやすいか、つまり体に症状が現れやすいかを表しています。

心と体の過敏が両方深くかかわっている項目と言えるでしょう。

ストレスであたまやお腹が痛くなるあなたは、この項目のスコアが高くなるんじゃないでしょうか。

僕は5問中5問当てはまりました。

「緊張したとき」や「不安なとき」というシチュエーションの質問が多かったです。

はいど
はいど
強いストレスが体に表れるかどうかを計ってるってことだね 

妄想傾向

妄想は現実でないことを現実だと思い込んでしまうことですが、特に被害妄想は過敏性とのかかわりが強いです。

ようはストレスがマックスなせいで妄想が始まってないか? ということ。

妄想傾向が強い人は、あまり強い妄想でなくても「悪口言われてるよな…」といった漠然とした不安を感じます。

弱い妄想だから安心、というわけでもなく、確信を持って「こうだ」と思ってる場合は完全アウトです。

ぼくは5問中5問当てはまりました。

はいど
はいど
「こうかな?」と思ってる程度ならセーフらしい 

過敏な人に伴いやすい特徴がある

過敏さを構成する要素だけでなく、過敏な人に表れやすいほかの特徴についても、自己診断ができます。

「HSPは~し/なりやすい」というような感じだと思ってくれたらOK。

回避傾向

人と親しくなることや本心を話すこと、挑戦することを避けてしまいます

過敏性全般と結びつきやすい特性です。

繊細な心を傷つけられたり、自分の感覚が受け入れられなかったりと言った経験があると、

回避傾向を持ちやすいのかもしれません。

これもぼくは5問中5問当てはまりました。

はいど
はいど
これもけっこうHSPあるあるかもな

低登録

低登録は刺激に気づきにくいことです。

五感が鈍かったり、話を聞き取りづらかったり、表情を読み取りづらかったり。

不思議なことにHSPと同居していることが多いんだとか。

朝起きにくかったり、物事をてきぱきこなしにくかったりという傾向があります。

ぼくは5問中1問当てはまりました。低登録の特徴はあまりないようです。

はいど
はいど
これはHSPというより、アスペルガー症候群じゃない?と思った。どうなんだろう 

もはや過敏性のデパートじゃん

と自分に盛大なツッコミを入れました。

漠然と「自分はHSPだけど、我慢できてるし程度は低いのかな」と思っていましたが、

自己診断ではかなりの繊細さんだと判明しました。

そもそも敏感さ自体が自分にしかわからない感覚なので、他人と比べるのはおかしな話ですね。

僕はほとんど全部当てはまってしまったので、しらみつぶしに克服していくしかないのですが、

自分の繊細さを何が占めているのか分かれば対処しやすいはずです。

まとめ:自分の過敏性を知って生きていこう

過敏性プロファイルの観点について書いていきました。

結局、過敏性プロファイルとは何なのか? と言われると、まとめはこちらになります。

  • 自分のHSPとしての特徴を知ることができる
  • どういう性質が同居しやすいかも分かる

『敏感で傷つきやすい人たち HSPの真実と克服への道』をおすすめできる人と、おすすめできない人の違いはこちら。


おすすめできる人

  • 自分のHSPを深く知りたい
  • こころの傷や発達障害とHSPの関連について調べたい
  • 専門的な内容を知りたい


おすすめできない人

  • 分かりやすい本がいい
  • 具体的な対処法を知りたい




過敏性プロファイルを中心に内容が進んでいくので、

自分のHSPとしての特徴を深く知りたいあなたには全力でおすすめします

心を癒やせば幸せに近づけるのは、明らかですよね。

また、もういろいろな本を読んでいて、ちょっと専門的な内容を読みたいあなたにもオススメ。

「難しいのは読みたくない」という場合は向かないかもしれませんが、ぶっちゃけ過敏性プロファイルだけやってもいいと思います。それだけなら簡単です。

ただ具体的な対処法については、一般的なストレス対処の本に書かれているようなものが多くて少し物足りなかったです。

ほかの本を一緒に読むのがいいでしょう。

はいど
はいど
自分のHSPを分析することが、生きづらさを軽くするのにつながると思う 

すぺしゃるさんくす !

この記事のもとになった『敏感で傷つきやすい人たち HSPの真実と克服への道』は、

polcaで2人の方に支援していただいて購入することができました。

ワカジツさん

りっくん

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA