自分を変える

情報を最大限に活かす、インプットとアウトプットのやり方

はいど
はいど
どうも、みちしるばーのはいど(@michishiruver)です

けさ読んだニュースやTwitterで流れてきた話題と、それに対する意見を、ぱっと言えますか?

言える人にはこの記事は必要ありません。

この記事は「言えなかった人」のためにあります。

どうすれば、インプットとアウトプットができるのか。情報を活かすことができるのか。

この記事ではそれを解説していきます。

インプットとアウトプットの流れ

5段階です。

  1. 良質な情報に触れられる媒体をゲットする
  2. インプットする
  3. その都度情報整理する
  4. アウトプットする
  5. 常に媒体を見直しつつ、2〜5をリピートする

一つずつ解説していきますね。

良質な情報に触れられる媒体をゲットする

とは言っても最初から情報の質なんて分からないので、

自分の興味分野の情報を意識的に取り入れるようにしましょう

媒体として、ぼくはTwitterと、LINEニュースを使っています。

Twitterは気になる人をフォローするだけで最先端の情報が飛び込んでくるし、

LINEニュースはトークのついでに見られて便利ですよ。

いろいろな人の意見を知りたいなら、

話題のニュースに上質なコメントがたくさんつく「News Picks」がおススメです。

NewsPicks(ニューズピックス)

NewsPicks(ニューズピックス)

UZABASE, Inc.無料posted withアプリーチ

インプットする

ひたすらインプットです。

ニュースを読むだけでもいいし、メモしてもいい。

やり方はそんなに重要じゃありません。

その都度情報整理する

情報は、ただインプットしてるだけだと腐ります

なぜなら、活用されないから。

そのまま記憶の隅に埋もれていって、脳の容量を圧迫します。

情報は整理整頓して収め、必要なときに使わないといけません

情報整理のやり方は、いくつかあります。

  • いいね・コメントなどをする
  • ブックマーク・Webクリップしておく
  • メモの魔力のように、抽象化してまとめておく

整理のやり方としてのレベルはこんな感じ。

いいねしただけだと印象には残りづらいです。

その点、コメントをすれば自分の意見がセットになるので、覚えていられます。

だけどすべての情報を覚えていたらパンク。ブックマークやWebクリップしたほうがいいでしょう。

反面、ブックマークは「一体いつ使うんだ?」というような、誰にも見られない記事の終着点のようになる可能性もあります。

自分なりに整理する方法が必要です。

いつでも使えるよう抽象化するなど、自分なりにまとめるのが一番いいです。

はいど
はいど
近々、メモの魔力の記事も書きますね 

整理して置けたら、あとは活用するだけです。

アウトプットする

アウトプットとは、発信と実践のこと。

やり方は2パターン。

  1. 得た情報に自分の意見をのせる
  2. 手を動かす

情報と一緒に自分の意見を発信するなら、手段は何でもいいです。

ブログでも、Twitterでも、YouTubeでもいい。

日記やメモだと誰にも見られないので、続かない可能性が高いです。

発信することが大事

実際に手を動かすのは、ビジネス書を読んでいる人や、ブロガーさんをフォローしている人に当てはまります。

せっかく手に入れたノウハウを、腐らせてしまうのはもったいないですよね。

ノウハウコレクターにならないよう、自分なりに真似してみましょう

常に媒体を見直しつつ、リピート

いま使っているツールが、いつまでもベストとは限りません。

明日になったら、もっと便利なツールが出てきているかもしれない。

常に見直して、「もっといいものはないかな」と探しながら、

毎日インプット→アウトプットの流れを繰り返していきましょう

まとめ:インプットは大事、アウトプットはもっと大事

  1. 良質な情報に触れられる媒体をゲットする
  2. インプットする
  3. その都度情報整理する
  4. アウトプットする
  5. 常に媒体を見直しつつ、2〜5をリピートする

情報をムダにしない、インプットとアウトプットのやり方について解説しました。

さあ、あなたはここで新しい情報を手に入れましたね。

どうしますか?

そうですね、まずは整理。それからアウトプットです。

はいど
はいど
情報を余すことなく活用していくクセをつけましょうね  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA