HSP

HSPとは? 繊細さんなHSPについて分かりやすく説明します

はいど
はいど
どうも、HSPのはいど(@michishiruver)です

HSPという言葉を知っていますか?

ざっくり説明するとHSPとは、感覚が繊細な人たちのこと。

5人に一人の割合で存在します。

「人の気持ちが入り込んできて、自分の気持ちと区別できなくなる」

「五感がとても繊細で、いろんなものを感じ取れる」

「気を使いすぎてしまって疲れる」

「ひとりきりで回復する時間が必要」

こういったことが当てはまるなら、あなたもHSPかもしれません。

また、まわりにHSPの人がいるかも、というあなたにも、ぜひHSPを知っておいてほしいです。

この記事では、「HSP」という言葉について、実際にHSPであるぼくが説明していこうと思います。

HSPとは?

そもそもHSPとは、「Highly Sensitive Person」の略。

直訳すると、「とても繊細な人」です。

HSPは生まれ持ったもので変わらないので、性格と区別して「気質」と呼ばれます。

これだけではふわっとしているので、HSPかどうかを判断するのには4つの基準があるんですよ。

HSPの属性は「DOES」という頭文字で表され、4つ全ての性質を持っているとされる。

処理の深さ(Depth of processing)
・HSPは感覚データを通常よりはるかに深く、かつ徹底的に処理しているが、それは神経システムにおける生物学的な差異によるものである。

刺激を受けやすい(Overstimulated)
・感覚的に敏感である。五感や、人の感情や雰囲気から受ける刺激が非HSPに比べ強い。何に対して敏感かは個人差がある。多くの刺激を受けるため、心身ともに疲れやすい。疲れが蓄積され不機嫌や体調不良などにつながりやすい。嫌なことだけでなく、楽しいことでも刺激が多すぎると疲労になる。

感情的反応性・高度な共感性(Emotional reactivity and high Empathy)
・神経細胞「ミラーニューロン」の活動が活発であることにより、共感力が高く感情移入しやすい。

些細な刺激に対する感受性(Sensitivity to Subtle stimuli)
・人や環境における小さな変化や、細かい意図に気づきやすい。無意識的あるいは半無意識的に環境内の些細な事柄を処理できる能力から、しばしばHSPは「ギフテッド」や「第六感」を持っているように見えることもある。

出典:Wikipedia「ハイリー・センシティブ・パーソン」

ちょっと長いですが引用しました。

この「DOES」というのが、HSPかどうか知るカギになります。

分かりやすくまとめるとこんな感じ。

  • D=感覚を深く処理している
  • O=感覚が過敏
  • E=感情移入・共感しやすい
  • S=細かいところに気づきやすい

これがすべて当てはまるならHSPで、逆にひとつでも当てはまらなかったらHSPではありません。

例えばぼくの場合、

  • D=感覚を深く処理している
    →急になにか音がするなどの一つの情報から、いろんな可能性を考える
  • O=感覚が過敏
    →大きな音や高い音、眩しい光に触れると驚いてしまう
  • E=感情移入・共感しやすい
    →苦しい話を聞くと、自分も苦しくなる
  • S=細かいところに気づきやすい
    →話している相手の細かい表情が気になる

こういうのがDOESに当てはまります。

分かりやすく診断できるサイトやチェックリストもあるのですが、

どれだけ多くの項目を満たしていても「DOES」が欠けていたらHSPではないし、当てはまるものが少なくてもHSPかもしれません

HSPの長所や短所

性格や生き方のベースになっているHSPという気質ですが、もちろんいいところもあれば悪いところもあります。

HSPが敏感すぎる、というわけでも、HSPじゃない人が鈍感、というわけでもありません。

例えばHSPのいいところとして、

  1. 相手の立場になれる
  2. 物事を深く考える
  3. よく気がつく

こういったものがあります。

ただこれをひっくり返すと欠点になります。

  1. 相手の立場になれる→自分軸がない
  2. 物事を深く考える→考えすぎ
  3. よく気がつく→疲れやすい

実際にHSPは繊細だからこそ起こる悩みがたくさんあります。

ただ、素敵な感性をもっていることも確か。

いい方向から見るか、悪い方向から見るかですね。

もし、繊細すぎて困っていたら

ここまで読んで当てはまるなら、あなたもHSPかもしれませんね。

HSPの特徴はDOESの4つで、細かい感覚までは一緒ではないので、はっきりと「これがHSPだ」とは言いきれません。

ましてや、病院で診断書が出るものでもありません。

あなたが「当てはまる」と思うなら、きっとHSPです

「感覚が繊細で、刺激に弱い」

「周りの人が感じ取らない刺激を感じ取ってしまう」

と言った場合、刺激に疲れやすくて困ってしまうと思います。

セルフケア方法について書いた記事があるので、参考にしてください。

もし、周りの人がHSPだったら

自分ではなく、周りの人がHSPかもしれない、という人もいるでしょう。

繊細なHSPは、誰にも気づかれないままひとりで消耗していることがよくあります。

だから周りの人がHSPについて知って、支えてあげることが大事。

なまけてる」「甘え」と言われがちなHSPの人に対して、これまでと違った見方をしてくれると嬉しいです。

まとめ:HSPとは、繊細さんのこと

  1. HSPとは、「Highly Sensitive Person」の略
  2. DOESをもとに判断される
    D=感覚を深く処理している
    O=感覚が過敏
    E=感情移入・共感しやすい
    S=細かいところに気づきやすい
  3. HSPは気質であり、見方を変えると長所にも短所にもなる

HSPとは何かについて説明していきました。

アルファベットの略語だし、スピリチュアルっぽいし、何となくわかりづらいHSPという言葉。

学校や職場、病院では、あまりよく知られていないのが現状です。

ただ、ひとりずつでいいからHSPについて知ってくれる人が増えると、社会はどんどん理解してくれるようになると思っています。

もっとHSPについて知りたいというあなたは、ぜひ本を読んで調べてみてください。

はいど
はいど
HSPにたいして、正しい理解が広まるといいな 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA