HSP

生きづらい生きづらいHSPさんにオススメの対策(対処)3つ。自分らしく生きる

HSPさんが抱えやすい悩みが、「生きづらさ」。

環境に上手くなじめない、刺激を受けすぎて大変、合わせるのがつらい…

周りの人が「普通」にやっていることを「普通」にやることができなくて落ち込んだり、

刺激が多すぎる世界に毎日消耗してしまったり。

多くのHSPさんが共感してくれるのではないでしょうか。

だけどHSPだからつらい思いをしないといけないってことはありません

ぼく自身HSPで、「どうしてHSPはこんなに生きづらいんだろう、不公平だ」と思っていたこともありますが、

今ではちょっとずつ自分らしい生き方をできるようになってきました

それは、意識して3つの「対策」をやっているからです。

この記事では、HSPさんが生きづらさを軽くして自分らしく生きるための「対策」について書いていきます。

はいど
はいど
HSPと向き合うことで、生きづらさは軽くできるよ 

HSPが取るといい3つの対策

3つの対策はこちら。

はいど
はいど
クリックで飛べるので、好きなところから読みすすめてね  

なるべく刺激を受けないようにする

まずは、手っ取り早くすぐ取れる対策を取りましょう。

一番早いのは、最初から刺激を受けないようにすることです。

HSPの光対策。人より敏感な目とつきあう

HSPの光対策をまとめました。

使うと良いグッズなども紹介しています。

「まずは光の刺激から自分を守りたい」という方はぜひご覧ください。

≫この記事を読む

HSPの音対策。騒音や賑やかな場所に疲れたら

こちらは光ではなく、音対策。

光よりむしろ音が苦手なHSPさんは、こちらから読むことをオススメします。

≫この記事を読む

頭がまとまらない・混乱しやすいなら、刺激に対策を打とう

実は、HSPの刺激対策には、片づけも効果的です。

理由は、片づけをすることで目に入ってくる情報が減るので、ゆっくり休むことができるから。

片づけは苦手、というHSPさんも多いと思いますが、この記事を読んでもう一回チャレンジしてみてはどうでしょうか。

≫この記事を読む

自分を休ませる時間をとる

ずっと疲れていると、「今の生活があってないよな、自分らしくないよな」っていう気がしますよね。

ぼくは睡眠時間が足りてないと特に思います。

HSPは、治療して治してしまうことができません。

だから刺激が多すぎて疲れたときに、ちゃんと休憩を取るのはとても大切ですよね。

敏感なHSPの「疲れやすい」に対策しよう。セルフケア方法を紹介

HSPのセルフケア方法を紹介しています。

ある程度の刺激はカットできても、やっぱり防ぎきれない部分はあります。

実は、体の疲れと、神経・心の疲れって、取り方が違うんですよね。

体の疲れは寝たら取れますが、何となくぐったりしてしまうタイプの神経の疲れは、

ゆっくり自分の感覚を癒やしていかないと治りません。

疲れてしまったときの「回復方法」として、いろんなセルフケアを知っておくといいですよ。

≫この記事を読む

HSPに疲れたあなたへ。まずはお休みを取ろう

HSPは気質だから変えられない、とよくいいますよね。

その通りなんですけど、「HSPを休む」ことならできます。

どういうことかというと、感覚をゆっくり休める時間(期間)をとることで、

疲れを芯から回復することはできるということ。

セルフケアにも関係してくるので、あわせて読んでみてください。

≫この記事を読む

自分らしくないことをやめる

嫌なことに対して我慢してると、すごく「自分らしく生きてない」って感じがしますよね。

自分らしく生きたい、と思うなら、自分らしくないことをやめていくのが一番です。

周りに合わせ過ぎたり、嫌な情報でこころが苦しくなったり、

そんなことをやめてしまうための方法を集めました。

人間関係をラクにする方法は?人付き合いがつらすぎるHSPさんに

多くのHSPさんが悩んでいる問題が、「人間関係」。

苦手な人に呑まれてしまわない方法や、周りに気を配りすぎて疲れてしまうときの対処法をまとめました。

≫この記事を読む

HSPはどうすれば情報で消耗しない?ニュース・SNSと向き合う

ニュースやSNSで大量の情報に触れていると、疲れてしまうことってありますよね。

この記事では、HSPが上手く情報とつきあうための方法をまとめています。

ネタバレすると、「疲れやすいことを知って最初から対策しておくこと」です。

≫この記事を読む

HSPを治す必要がない、3つの理由|治そうとするとどうなる?

HSPを治そうとすることって、実はすっごく自分らしくないことです。

なぜなら、自分を否定しているから。

HSPが治せないものなら、自分の体の一部として受け止めてあげませんか?

≫この記事を読む

居場所を探してるあなたへ。

 

このブログをゆっくり読んで、

あなたの居場所にしてください。

そして、不安で眠れなくなったり、

苦しさで叫びたくなったりしたときは、

ぼくがあなたのみちしるべになります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA