HSP

情報疲れのHSPさんにすすめたい、「ブレインダンプ」

はいど
はいど
どうも、みちしるばーのはいど(@michishiruver)です

  • 情報が多すぎる
  • SNSに疲れ気味
  • なんだか、頭が混乱してる

というHSPのあなたに向けて、同じくHSPの僕が頭の整理方法を伝えていきたいと思います。

使ってほしいのは「ブレインダンプ」という方法です。

「もう何も読みたくない、疲れた…」というあなたも、とりあえず最後だと思ってこの記事を読んでください。

ブレインダンプとは?

「ブレインダンプ」とは、ブレイン (脳)の中の情報をダンプ(表示)すること。イメージとしては、ダンプカーが運んできた土や砂利をまとめてザーッと出すように、脳の中に入っている情報をすべて出し尽くす作業です。

人を操る禁断の文章術』 メンタリストDaiGo著

つまり、頭の中の情報をいったん外に出してやる作業です。

やり方は簡単。

  1. 時間を決める(1時間程度)
  2. 紙とペンを用意して、思いついたままに言葉を書いていく
  3. 時間オーバーしてもOK

守るのはこれだけです。

思いつくままに考えを書きなぐっていくのもOK。

「さっき読んだ本について」とか、情報が多かったものをピックアップしてテーマを決めてもOK。

ただ大事なのは、とにかく構成を考えずに書くこと。

きれいな文を書こうとせず、脳からゴミを出しきるつもりで書きましょう。

つまりは脳みその整理整頓です。

あなた
あなた
なんで「書くこと」に効果があるの?

はいど
はいど
頭を整理しやすいからだよ

情報疲れというのは、脳が情報をきちんとしまえなくなった状態です。

だから「何の情報が、どのくらいあるのか?」を把握できると脳は復活します。

紙に書き出すことで自分が今何を考えてるかがはっきり分かるので、頭がすっきりするんです。

それに対してデジタルだと、パッと見たときの情報量が分かりにくい

頭でずっと考えているだけだったら、なおさらですよね。

ブレインダンプは、紙でやっていくのがベストです。

まとめ:頭の中身を書き出すと、整理整頓が加速する

  1. 情報疲れを感じたら、ブレインダンプをする
  2. ブレインダンプとは、脳みその整理整頓のこと
  3. 紙とペンを用意して、思いついたままに言葉を書いていく

情報疲れを解消する方法について書いていきました。

さらにこのブレインダンプを進化させるなら、「学ぶたびにきちんとまとめを書く」のがいいです。

疲れる前にまとめると、情報疲れ自体がなくなりますからね

だけど最初からそれをやるのは難しいので、

とりあえず頭の中の棚おろしとして、ブレインダンプをやってみてください。

また、「やることが多すぎて混乱してる…」というあなたは、

ブレインダンプをタスク管理に応用してみてください。

https://michishiruve.com/task-management

あなたが情報の渦に飲み込まれず、すっきりした頭で生活できますように。

はいど
はいど
ここまでお疲れ様でした!

HSPの「対策」トップに戻る

居場所を探してるあなたへ。

 

このブログをゆっくり読んで、

あなたの居場所にしてください。

そして、不安で眠れなくなったり、

苦しさで叫びたくなったりしたときは、

ぼくがあなたのみちしるべになります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA