HSP

HSPはどうすれば情報で消耗しない?ニュース・SNSと向き合う

影響されやすいという気質を持つHSP。

ニュースやSNSを見てると、消耗してしまうことがありますよね。

大量の情報、過激な発言、たまる通知…

疲れすぎて見るのも嫌になったり。

だけどほしい情報を手に入れるのにニュースは有効だし、

SNSでは思いがけない出会いがあります。

消耗せず情報に触れるためにはどうしたらいいのか。

何年か試行錯誤しながらようやく分かってきたので、

この記事ではぼくの思う「HSPがニュース・SNSと上手く付き合う方法」について書いていきます。

ざっくり結論を言うと、「影響を受けやすいことを自覚して対策すること」が大切です。

HSPのニュースとの付き合い方

ポイントは3つ。

  1. 媒体を少なくしぼる
  2. 広告が少ないものを選ぶ
  3. アウトプットをする

はいど
はいど
解説していくね 

媒体を少なくしぼる

媒体=ニュースを手に入れる場所を、なるべく少なくしましょう

  1. テレビ
  2. 新聞
  3. Twitter
  4. スマートニュース
  5. NewsPicks…

みたいにやっていると、どうしても入ってくる情報が増えてしまいます。

だから少なくしぼるのがよきです。

ぼくのオススメは、新聞かニュースアプリのみにすること。

はいど
はいど
詳しい理由は次の項目で話すね 

広告が少ないものを選ぶ

広告が多いと疲れません?

ショッキングな漫画の広告とか絶対イヤだし、美容系の広告も不安を煽ってきますよね。

このブログではそういう広告をすべてブロックしているのでご安心ください笑

広告が気になる順でいうと、

  1. アプリ
  2. テレビ
  3. 新聞

かなーと思います。新聞は優秀。

だけど新聞をとってない方も多いと思うので、ぼくはアプリをオススメしてます。

スキマ時間にも見られるし。

オススメの広告が気にならないニュースアプリは、「Google ニュース」です。

Google ニュース

Google ニュース

Google LLC無料posted withアプリーチ

運営しているのが大企業のGoogleなので、わざわざ間違えてタッチしやすい場所に広告を置いたり、

刺激の強い広告を貼ったりする理由がないんですよね。

いまのところ、広告の量で言えば、ニュースアプリはGoogleニュース一択です。

「このニュースは出さないでほしい」と指定もできるので、

芸能人のゴシップなどをブロックすることもできますよ。

はいど
はいど
Googleニュースに変えてから、こころを乱されることが減った 

アウトプットをする

情報を手に入れると、頭に溜まっていきます。

頭にたまりすぎると…疲れのもとですよね。

だからアウトプットするのがおすすめです。

Twitterで感想と一緒にリンクをツイートするのがおすすめですが、

反応が怖かったらメモアプリを活用してもOK。

はいど
はいど
頭を整理するために、情報は積極的に外に出そう  

HSPのSNSとの付き合い方

SNSは義務じゃないので、極論はやらなくていいんです。

学校や仕事とは違いますからね。

だけどSNS上での出会いや面白さだって大切にしたい、という思いがあるから、

SNSをやっているんだと思います。

大丈夫。HSPが上手にSNS世界を生きていく方法がありますよ。

  1. ためになることばかり集めなくていい
  2. フォロー数の上限を決める
  3. 疲れたらいったん止める

はいど
はいど
この3つのポイントを見ていこう  

ためになることばかり集めなくていい

ためになることばかり集めるっていうのは、

  • 自分よりすごい人をフォローして影響してもらう
  • 流行りの情報をむりに追いかける
  • ニュースが大量に流れてくるアカウントをフォローする

こんな感じのこと。

「流行についていかないと」とか、「SNSで自分を成長させないと」と思っていると、

どうしても見たくないものを見たり、感情をかき乱されたりすることになります。

だけどそれって楽しくないですよね。

ぼくはTwitterで、「影響を受けやすいんだったら、影響されに行けば成長できるんじゃ?」

と思い、色んなインフルエンサーさんやブロガーさんを、50人ほどフォローしていました。

しかし有益な情報が多いぶん情報の洪水にあい、あっけなくパンク

特に「この人のことを完コピレベルで真似しなきゃ」と思っていると、パンク率が高かったです。

はいど
はいど
さらに思わぬアンチコメントを目撃したりも

それでも「これは必要なフォローだ」と無理してフォローし続けていたら、

Twitter自体が辛くなってしまいました

SNSは修行じゃないんです。

勉強のために使うとしても、あくまで自分の意思で使うツールにすぎません。

だから無理しなくていい。

情報量が多いと感じたら、大切な人を除いてフォローを外しましょう。

はいど
はいど
外すのが怖かったらミュートでOK 

フォロー数の上限を決めよう

HSPは情報量が多いと疲れます。

それを引け目に感じることなく、自分なりにやればいいんです。

SNSは手軽にフォローできる反面、フォローしすぎると無限に情報を受けてしまいます。

だからフォロー数は決めておくことが大切。

最初は何人フォローしてもOKですが、自分に合うようだんだん調整していきましょう。

ちょうどいい人数を見つけたら、そこでストップ。

ちなみにぼくのフォロー数は30人~40人。

あなた
あなた
え、少なっ!  

はいど
はいど
大切な人をフォローしながら、一番消耗しない人数がそのくらいだった

もっといける人もいるだろうし、もっと少ない人もいると思います。人それぞれです。

そしてよく言われる「フォロバ」はしなくていいです。

相手が「相互希望」だったとしても無理にフォローは返さなくていい。

だってあなたのタイムラインですから。

何を流すのも自由。別にフォロバは義務じゃないし。

はいど
はいど
自分らしくSNSをやること、これ大事 

疲れたらいったんやめよう

ぼくもSNSを休んでた時期が何度もあります。義務じゃないですからね。

ぜんぜん、休んでOK。

「フォロワーさんが減るのが怖い」という方もいると思いますが、

休むことで離れていくフォロワーさんとはやっぱり方針が合わないんです。

はいど
はいど
休んでる間も一緒にいてくれる人を大切にすればいいと思う! 

まとめ:自分に合った情報との付き合い方を探そう

この記事のまとめです。

ニュース

  1. 媒体を少なくしぼる。1つか2つくらい
  2. 広告が少ないものを選ぶ。Googleニュースがオススメ
  3. アウトプットをする。自分で感想をまとめてみる

SNS

  1. ためになることばかり集めなくていい。フォローは義務じゃない
  2. フォロー数の上限を決める。人それぞれ
  3. 疲れたらいったん止める。休むのOK

HSPが上手にニュースと付き合い、楽しくSNSをやるためのコツについて書いていきました。

情報対策の他のことにも言えるんですが、

HSPは「影響されやすいから、こうしよう」と先回り対策を打つことがとても大切。

先回りして自分なりの対策を打っておけば、消耗しやすい場面にサッと対処できます。

あなたが自分らしく生きられますように。

はいど
はいど
では、よき情報収集&Twitterライフを

居場所を探してるあなたへ。

 

このブログをゆっくり読んで、

あなたの居場所にしてください。

そして、不安で眠れなくなったり、

苦しさで叫びたくなったりしたときは、

ぼくがあなたのみちしるべになります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA