HSP

【画像あり】HSPの光対策に、ブルーライトカットメガネがおすすめ

どうも、みちしるばーのはいど(@michishiruver)です。

HSPさんのなかに、「光が苦手」っていう人はかなりいるんじゃないかと思います。

ぼくも同じで、まぶしいのが苦手です。

白い建物の前では目が開けられないし、スマホは画面が見えなくなるギリギリまで暗くしています。

現代社会でHSPの負担になっている光は、3種類。

  1. 太陽の光
  2. 電気の明かり
  3. ブルーライト

太陽の光にはサングラスが効きますが、電気の明かりとブルーライトには別の対策をしないといけません。

ふたつのなかでもブルーライトは、けっこう対策が打ちやすいんですよ。

この記事では、ぼくがブルーライトカットのために使っているアイテム、「ブルーライトカット眼鏡」を紹介していきます。

はいど
はいど
3分くらいで読めるので、お付き合いくださいな

ブルーライトカット眼鏡の使い心地

ぼくが使っているのはこちらの眼鏡。

ケースは布製で、かなりシンプル

開封するとこんな感じです。

レンズがかすかに黄色いのが分かると思います。

かけてるところを他の人が見ると「普通の眼鏡かな?」という感じに見えますが、しっかりフィルターが掛かっていて、ブルーライトをカットしてくれますよ。

かけるとこんな感じ。

鏡越しなので画質悪いですね…

普通の眼鏡みたいに違和感ないデザインだし、おしゃれ用のメガネとしても十分使えます。

ぼくはブロガーという特徴上、パソコンにかじりついてる時間が長いので、このところずっとかけっぱなしです。

そして「ちゃんとブルーライトはカットされてるのか」という問題ですが、かなり大幅にカットされていると思います。

ぼくは光が苦手だし、目も疲れやすいので、スマホやパソコンを使うとすぐに目が痛くなってしまいます。

それがこのブルーライトカット眼鏡をかけるようになってから、目がゴロゴロする感じや、かすむ感じがなくなりました

目薬をさす回数も確実に減っています。

はいど
はいど
目の防御力が上がりました

ブルーライトカット眼鏡の、メリットとデメリット

使ってみたメリットとデメリットをまとめると、

メリット

  1. 目が疲れない
  2. 見た目がカッコいい
  3. レンズが色付きなので、かすかに明るさが抑えられる

デメリット

  1. ずっとかけていると耳が疲れる
  2. レンズの色が苦手な人もいるかも

目の防御力を上げてくれ、さらにカッコいいという最高のパートナーのように思えますが、欠点もあります。

まず、耳が疲れること。

これはメガネの特性上、しかたがないことです。

度付きメガネじゃないので、適度なタイミングで外すようにしましょう

そして、繊細さんなHSPの中では、レンズの「」が苦手な人もいるかもしれません。

ぼくは最初にこの眼鏡をかけたとき、急に頭がクラっとしました

いつも見ている景色に色がついたせいかもしれません。

酔ったみたいにフラフラしていたので、外に出ると危なかったかも

急に屋外で使わず、家やオフィスで使ってみるのが無難です

まとめ:ブルーライトがカットされると、QOLが上がる

メリット

  1. 目が疲れない
  2. 見た目がカッコいい
  3. レンズが色付きなので、かすかに明るさが抑えられる

デメリット

  1. ずっとかけていると耳が疲れる
  2. レンズの色が苦手な人もいるかも

ブルーライトカット眼鏡について紹介していきました。

まぶしいブルーライトを断舎離できたので、生活がとってもラクです。

まいにち目が痛い」「ブルーライトが苦手で、電子機器を使うストレスが大きい

というあなたは、持っておいて損はありません。

とくにデスクワークをされている方は、不要な刺激をカットできるので大幅に仕事がラクになるはずです。

はいど
はいど
ぼくも生活が変わったので、ぜひ使ってみてください…!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA