HSP

HSPがラクに生きるために、3つの面から問題を捉える【鈍感な世界に生きる敏感な人たち】

はいど
はいど
どうも、内向型HSPのはいど(@michishiruver)です

生きづらさを抱えることが多いHSP。

その生きづらさが、わかりやすいかたちに分解できて、ちょっとずつ解決していけたら、どうでしょうか。

この記事ではそんな1冊を紹介します。

鈍感な世界に生きる敏感な人たち(以下、敏感な人たち)』です。

この記事では、『敏感な人たち』に書かれているたくさんのHSPライフハック、

そして何より大事な「HSPの悩みを見るときの3つの観点」について書いていこうと思います。

『敏感な人たち』でHSPの悩みを分ける3つの観点

観点って言っても難しいので、具体例を出します。

  1. 心の問題
  2. 人間関係の問題
  3. 自分自身との付き合い方の問題

HSPの悩みは、だいたい『敏感な人たち』で紹介されていたこの3つに当てはまる気がします。

あなたの悩みはどこに入りそうですか?

一つひとつの観点を説明していくので、ちょっと意識しながら読んでみてください。

こころの問題への対処

HSPにはある程度、「抱えやすい心の問題」というのがあるみたいです。

以下、本から引用します。

  • 自分自身に高度な要求をしてしまう
  • 罪悪感と羞恥心に苛まれてしまう
  • 恐怖心を感じ憂鬱になりやすい
  • 怒りをうまく放出できない

はいど
はいど
こころの病気、というより、おちいりやすい思い込みや思考のクセかな  

ここまででもう「あるある!」と共感した人もいるんじゃないでしょうか。

噛み砕いてみると、

  • 「高度な要求をしてしまう」は完璧主義になってしまうこと
  • 「罪悪感と羞恥心に苛まれてしまう」は人の目を期にしすぎてしまうこと
  • 「恐怖心」や「憂鬱」は気分の落ち込みやすさやマイナス思考
  • 「怒りをうまく放出できない」は、我慢して噴火してしまうこと

『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』では、上に上げたようなことへの対処法が数10ページに渡ってかっかれています。

例えばこちら。

こころに宿る不安とは裏腹に、ルールを破って基準を下げても、実際には相反の人が自分のことを空いてくれると分かるでしょう。それからはもっとリラックスして、積極的に人と接することができます。いっしょにいて心地がよいと言ってくれる人も現れるでしょう。

『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』

「高度な要求をしてしまう」、つまり完璧主義への答えです。

対人関係の中で完璧主義が出ると、

このひとを全力で楽しませないと」「ミスしないようにしなきゃ」「今の失礼だったかな?

と思って、気が休まりませんよね。

ぼくもよくあるので、反省です。

意外とマイルールを曲げて、基準を下げても大丈夫。

確かにそうなんですよね。難しいですけど、やっぱりそれが真実です。

こんなふうに、難しいけど適切なアドバイスがいろんな困り事についています。

人間関係への対処

HSPがHSPと関わるのは、そんなに難しくありません。

難しいのはやっぱり、HSPじゃない人と関わることですよね…

だって相手HSPとか知らないし。ほとんどの人は「HSPてなに」って感じだし。

『敏感な人たち』では、HSPの周りの人をズバッと「鈍感な人たち」と言っています笑

この記事でも「鈍感な人たち」と呼ぶことにしましょう。

「鈍感な人たち」とうまく付き合う方法の一例はこちら。

  • 自分がHSPで、何ができて何ができないのか伝える
  • できることもあってできないこともある、そんな自分を受け入れる
  • 聞き役になりすぎず、相手の話に反応することで「対話」をする

などなど。

超具体的です。すぐ実践できそう。

具体的な対処法がたくさん乗ってるのがこの本の魅力ですね。

はいど
はいど
人間関係に悩んでいるあなたは、手にとってみるといいかも 

自分とうまく付き合う方法

繊細さを持て余して、「自分が嫌になる…」ってなってませんか?

『敏感な人たち』では、自分との付き合い方についても書かれています。

  • HSPの魅力を楽しむ機会を作る
  • 刺激に対策を取る
  • 刺激を受けたら、自分の内側に集中する
  • 人を愛するように自分を愛し、思いやりを持つ

自分と上手に付き合うためにやることは、3つに分けられるんじゃないかとぼくは思います。

  • HSPを好きになる
  • HSPのマイナス面を防御する
  • 自分自身を好きになる

自分を愛するとか、難しい。

だけどちょっとずつ生きづらさを軽くするなら、やっぱり必要なことなんだと思います。

はいど
はいど
自分と上手に付き合うために、近道はないんだろうね~  

まとめ:HSPの生きるヒントは3つの面で分かる

『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』を紹介していきました。

  1. こころを守るために、ちょっと頑張ってみる
  2. 周りの人と上手に付き合う
  3. 自分を愛し、守ってあげる

上のポイントにまとめた3つの観点でHSPの問題を分けて、

それから解決すればずいぶんラクなんじゃないかと思います。


おすすめできる人

  • HSPの悩みに対する具体的な対処法がほしい
  • HSPを専門的に解説してほしい


おすすめできない人

  • 特になし


HSPについて知りたい、HSPの生きづらさをなくしたい、そんなあなたにおすすめに1冊。

記事ではほんの一部しか紹介できませんでしたが、対処法や考え方の転換がたくさん乗っていました。

はいど
はいど
生きづらさを分解して、減らして、なくしていける1冊だよ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA