HSP

HSPの生き方はひとつじゃない。自分らしく生きればいい

はいど
はいど
どうも、みちしるばーのはいど(@michishiruver)です

「HSPの生き方」についての情報は、調べるとけっこう出てきます。

HSPを受け入れて、責めないこと。自分軸で生きること。

そしてどんな職業につけばいいかまで。

自分を受け入れることは大切です。他人に流されずに生きると、生きづらさも改善します。

HSPに向いている仕事もあるでしょう。

だけど、僕は思うんです。

HSP」だからというたった一つの理由で、生き方は決まるの?

それってすっごく不自由ですよね。だって生まれたときから人生決まっちゃうじゃないですか。

この記事では、「HSPだから、こう生きよう」という考え方をいったん離れて、

無意識のうちに思い込んでいる「HSPの生き方」を捉え直していこうと思います。

HSPであるというだけでは、生き方は決まらない

HSPはあなたの一部分

あなたの個性や属性ってたくさんありますよね。

  • 性格
  • 生まれた国や土地
  • 仕事・学校
  • 好きなことやモノ
  • 性別や性的指向
  • きのこ派・たけのこ派
  • HSP

そして今まで歩いてきた人生、その時どきでの選択。

こんなにたくさん個性があって人それぞれなのに、

HSPだから」という理由だけで生き方が決まるんでしょうか。

いや、そんなの100%おかしい。

あなたの個性の一部に「HSP」があるだけ

HSPだからこう生きるもんなんだ」っていうのは存在しません

可能性を狭める必要はない

HSPは細やかな気づかいが得意といわれます。

だから、接客業向きとも取れますよね。

でもHSPにとって、「消耗しやすいので、無理に人の輪に入っていかないほうがいい

というのは確か。

さて、どっちが正しいんでしょうかね。

  • HSP=人と関わるのがうまい
  • HSP=人と関わりすぎないほうがいい

答えは、両方正解です。

だって実際にHSPは人の気持ちを読み取るのがうまいし、

その副作用として、ひといちばい人間関係で消耗します。

あなた
あなた
HSPだから、人と関わりが少ない仕事に就こう

とする必要はありません。

好きな仕事に就けばいいんです。

僕は「HSPはもっと人と関わるべき」とか、「HSPなんて甘えだ」て言いたいわけではありません。

HSPだから」という理由で人生を狭めないでほしいんです。

確かに、HSPにとって消耗しやすい道というものはあります。

だけどどうしてもあなたがその道を生きたいときは、突っ走ればいいんです。

はいど
はいど
もちろん回復は忘れずにね

あなたの道は、HSPという一つの個性では決まりません

可能性を狭める必要なんて、ないんですよ

グラデーションという僕の生き方

僕は内向型のHSPです。

だけど行動は割とアクティブかもしれません。

  • ブログ「みちしるべ」とnoteの更新
  • TwitterInstagram、Ctimeで、「生きづらさ」「居場所づくり」に関する情報発信
  • 質問箱と各SNSのDMで、生きづらさについての相談を受ける

以上を毎日やっています。

いまは高校休学中で余裕がありますが、学校に通ってる時期もまいにち欠かさずやってました。

僕がHSPであるということから見ていくと、

  • マイノリティであるHSPの気持ちや、生きづらさがわかってる
  • 細かいことに気づけるので情報発信
  • 人の気持ちを理解できるから、相談を受ける

こんなふうに取れるかもしれません。

確かにだいたいは事実です。HSPの特徴を生かしてやってる面はかなり大きい。

あ、でもHSPの裏返しはこんなかんじですよ。

  • SNSは情報量が多くて消耗
  • 面白い文章がかけないと落ち込む
  • 人に共感しすぎてずるずる引きずっていかれることも

こうしてみると困難が多い。前途多難です。

HSPを基準に何をするか決めるんだったら、デメリットのほうが大きいこんな道は選ばないかもしれません

だけど僕は、HSPだから」という理由で生き方を決めることはないです。

どう生きるかを左右するのはいつだって「自分がやりたいから」という理由です。

そのためにはいろいろ工夫します。

  • SNSは情報量が多い→断捨離が好きなので、フォロー数も減らして情報を断捨離
  • 面白い文章かけない→本が好きだし、研究するのも好きだから、たくさん本を読んで実践
  • 人に共感しすぎ→チャットだからいったん深呼吸。落ち着いて返信

「HSPだから苦手」ということを、好きなこと、得意なこと、環境や道具で補っています

やりたいことをやるために、いろんなものをフル活用して工夫するんです。

自分がやりたいなら営業でも接客でも工夫してやります。

やりたくないからやらないけど。

いまは居場所づくりのためにブログを書きたい。

だから毎日書く。シンプルですね。

HSPに向いてるかどうかを基準にするのではなく、

自分がやりたいかどうかを基準にする。

あとはHSPの特徴を生かしつつ、デメリットを他のもので補えばいいんです。

HSPを他の個性と同じようにひとつの色として捉える、グラデーションみたいな生き方だってアリです。

まとめ:あなたの道はあなたが選べる

HSPの生き方について書いていきました。

  • HSPは個性の一部だから、HSPであるというだけで生き方は決まらない
  • 自分の好きなことをやるために、HSPを生かしたり、デメリットを補ったりできる

同じ生き方をする人っていないので、HSPはこう生きよう」と決めることはできません

「横浜に生まれたから、全員おなじ仕事」とかないですよね。

だから惑わされないで、あなたはあなたの道を行けばいい。

HSPだからって引け目を感じる必要もなければ、道を狭くする必要もないんですよ。

はいど
はいど
HSPを一つの個性として生かしながら、生きていこう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA