メンタル

「助けて」と叫びたくなったときに効く、たった一つの処方箋

はいど
はいど
どうも、みちしるばーのはいど(@michishiruver)です

頑張ったのに、うまく行かなくて。

つらいのに、まだ頑張って。

だけど、もう自分じゃどうしようもないくらいに、いろんなものが絡まってしまって、

とうとう「助けて」って言葉がこぼれてしまう。

そんなに無理しながらも、この記事を探し当ててくれたあなたは本当にすごい。

やっと聴こえ始めた自分の声を無視しなかったってことですから。

この記事では、こころが助けを求めているときにやってほしいことを紹介していきます。

いま苦しんでるあなたに届きますように。

もう頑張らなくていい

仕事、勉強、家事、人付き合い…

生きるためにやらなきゃいけないことは、たくさんですよね。

だけど僕はあえていいます。

はいど
はいど
もう頑張らなくていいよ

確かに、生活していくため、何かを叶えるためには努力が必要で、

頑張ることはずっとやめられないのかもしれません。

でもひとりで頑張らないでください

本当は助けてって言いたいのに、ひとりで無理やり頑張ったりしないでください

吐き出していいんですときには逃げ出したっていいんです

もうあなたは十分頑張った。

「助けて」って言葉が湧いてくるまで、頑張ったんです。

だからもう自分をいじめなくていい。

そろそろ自分を救ってあげなくちゃ。

そしてこれからは自分をちょっとずつ楽にしてあげるんだって思いながら、ここから先を読み進めてください。

「助けて」と思ったときにやってほしいこと

それは、助けを求めること。

あなた
あなた
いや、それが無理だから困ってるんだよ
はいど
はいど
どうして、無理なんだろうね?

なんで無理だと思っちゃうんでしょうか。

  • だってみんな忙しいし、
  • 言っても何も変わらないし、
  • 暗い話なんてしたくないし、
  • どうせ誰も分かってくれないし、
  • 相談するなんてみっともないし、
  • ひょっとしたら無視されるかもしれないし…

助けてって、たった3文字言うだけなのに、難しいもんですね。

だけど、「助けてほしい」っていうことは、こころが助けを欲しているってことです。

こころが欲しているものをちゃんと与える

これは、ごはんを食べることと同じです。

必要としているものを、必要なぶんだけあげないと、人間は生きていけないんです

だからこころが必要としてる「助け」を求めるのは、

  • 自分にとって最優先のことだし、
  • ひょっとしたら新しい道筋が開けるかもしれないし、
  • 前を向くための大事な話だし、
  • 分かってくれる人は案外いるし、
  • みっともなくなんてないし、
  • 無視する人も意外と少ないし。

大丈夫です。

勇気がいることだけど、自分を守るための勇気は大切なもの。

ここでなんとか振り絞ってみませんか。

助けを求めやすくするための道具

ドラえもんのひみつ道具みたいに、ちょっとポケットに忍ばせてほしい道具たちです。

これがあるだけで相談しやすくなるし、話すのが少し楽になります。

はいど
はいど
3つ、はいどの秘密道具を紹介するよ

意外とみんな優しいと知っておく

無視されたり、バカにされたり、迷惑になったりするんじゃないかって、不安があるかもしれません。

だけど心配ないです、意外とみんな優しいので

スキあらば誰かを傷つけようとしている人なんてほとんどいないし、

あなたが苦しんでいるときにそれを笑いたい人なんて絶滅危惧種なみに貴重です。

「迷惑になるかな」と思いやるくらい、あなたにとって大切な人は、

あなたが本当に辛いときには迷わず助けてくれます。

あなた
あなた
そんなことない、みんないじめてくる

という場合は、その環境を離れてもっと別の人に相談してみましょう

誰も彼もがあなたを傷つけようとしているわけじゃありません。

世界はもっと広い。そして、優しい。

はいど
はいど
大丈夫ですよ

紙に書きながら話してみる

話したくても上手に言葉にならなかったり、涙で話せなくなったり、話したことを忘れてしまったり。

そんな事態を防ぐための道具が、紙に書くこと

これ、案外使えますよ。

言葉にならないことは、矢印を使ったりして図で伝えればいい。

話せなくなったら、文字で書けばいい。

忘れないように、こころに刺さった言葉をメモしておけばいい。

僕も難しい相談をするときは、紙に書きながら話すことが多いです。

文字にして書くだけなのに、不思議と話しやすくなります。

頭が重たい荷物を外に吐き出しやすくなるのかもしれません。

話が思わぬ方に転がっていって、苦しかった本当の原因や、ひとりじゃ思いつかなかった対処法が出てくることもありますよ。

どうしても話せないなら、手紙を書いてみる

悩みが重たくて話せる自信がないときや、相手が明らかに忙しいときは、手紙を書いてみるのもアリです。

LINEなどチャットを使ってもいいですが、

「即レスせずに、ゆっくり返してくれたらいいんだよ」と伝えたいときは手紙がおすすめ

あ、別に「拝啓」とかから始めなくていいです。

自分がどんなことで悩んでて、思考がぐっちゃぐちゃになってしまったのか、

それをこんがらがったままでいいので書いてみてください

あなた
あなた
そんなこと書いたら余計に迷惑じゃ…

大丈夫です。

僕も「これ、顔見ながら話したら泣いちゃうよな」と思ったときに手紙を書いて助けを求めたことがありますが、

かわいいミニーちゃんの手紙でお返事が帰ってきました。

もちろん、お返事を読んでボロ泣きしましたけどね。

どうしても相手の負担になるのが怖かったら、

あなた
あなた
話せる自信がないから紙に書いた。返事はLINEでも直接でも、なんでもいいよ
あなた
あなた
忙しいときにごめん、1週間くらいで返事をくれると嬉しいです

とか、先回りして言っておきましょう

いつでもここに来てください

助けをこころが求めているなら、補給しよう

  • みんな意外と優しい
  • 紙に書きながら話すといい
  • 手紙をかくのもいい

あなたが「助けて」って言えるように、少しお話をしました。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

信頼できる人のもとに行って、こころの栄養補給をする準備はできましたか?

もしあなたが、「身近に助けてくれる人なんていないよ」と感じているんだったら、

僕のTwitterまで来てください

実際になにか状況を変えることはできないかもしれません。

だけど、全力であなたの言葉を受け止めます。

そしてまた迷ったり、どうしていいのか分からなくなったりしたときは、いつでもこのブログ「みちしるべ」に戻ってきてくださいね。

あなたがこれからの人生を楽に生きられるヒントが、見つかりますように。

はいど
はいど
ひとりじゃないよ



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA