メンタル

「逃げたい」と思ったら、まずは苦しさを感じられるようになろう

逃げたい、と思うこと、たくさんありますよね。

自分から逃げてしまいたい、ここから逃げたい、居場所がない…

逃げたい、という言葉に含まれる意味もいろいろです。

だけど「逃げたい」と思ったからといって、すぐに「逃げよう」と思えるものでもありませんよね。

ぼくは、人が「逃げよう」と決心するために必要なのは、「苦しい」という気持ちなんじゃないかと思います。

少しぼくのことを説明すると、

  • 中学校時代にちょっと不登校
  • 高校には通えず、精神疾患を患って休学中

という、逃げ続けの人生です。

だけどこれを悪いとは思ってないし、むしろ半年前に高校受験で、

「高校なんて行きたくない、逃げたい、逃げたい…」ってずっと思ってた自分に、

「ちゃんと逃げられたよ~」と言ってあげたいと思ってます。

この記事では、「逃げたい」を「逃げよう」にする方法を書いていきます。

はいど
はいど
リラックスして読んでね  

逃げるために必要な気持ち

逃げるために必要なのは、ズバリ「苦しい」という気持ちです。

「逃げたい」と思ってるということは、もうとっくに苦しいと思いますけどね。

この苦しさが、「あ、自分の我慢の限界を越えてたんだ」と思った瞬間、

人は命を守るために「逃げる」という決断をできるようになります。

あなた
あなた
限界を超える=もっと苦しまないとダメ、ってこと? 

はいど
はいど
違うんだな  

次の項目で、ぼくが逃げるまでの過程をちょっと見ていきますね。

苦しさから逃げる方法

まず、ぼくの話をします。

中学生のころ、つまり1年前までのぼくは優等生でした。

勉強も要領が悪いなりに工夫して頑張ってたし、親に褒めてもらおうとしてたし、

先生に言われたことは何でも笑顔でやりました。

だけど本当はそんな自分の性格に疲れてしまっていて、

はいど
はいど
本当の自分は立派な人間じゃないんだ、ただ休みたいんだ  

と思ってたんです。

自分ではなく、好かれるために作り出した外面の人格が褒められる日々。

徐々に「苦しい」が大きくなってきて、中3のころはもう限界でした。

だけどそれでも頑張った。

変な話だけど、休む権利が自分にあると思えなかったんです。

そのまま頑張ってると、だんだん分かってきました。

あ、自分限界じゃん」って。

この「分かる」っていうのが大事で。

分かった瞬間ぼくは学校を休めたんです。

大事なのは、限界を超えてもがんばることではなく、限界だと気づくこと

そして、「限界ならもういいよ」と自分に逃げを許すこと

つまり、逃げるのに必要なのは、

  • 苦しいと思えること
  • 苦しさから逃げていいんだよ、と自分にOKを出すこと

この2つなんです。

はいど
はいど
もうちょっと深堀りしますね  

逃げるために必要なこと①苦しいと思えること

ずっとずっと苦しいと、

何が苦しいのか、いま自分は苦しいのか、

周りの人と比べるとどうなのかとか、ぜんっぜん分からなくなるじゃないですか

だからこころが「苦しい」と言ってても、それに鈍感になってしまう

気づけない、苦しいと思えなくなるんですね。

だから苦しさに敏感になって、「苦しい」ってちゃんと思えることが大切

まずは「苦しい」「つらい」って言う練習から始めましょう

ひとりで言ってもいいし、信頼できる人がいるならそれでいい。

Twitterでつぶやいてもいい。

はいど
はいど
ぼくでもよければ、Twitter(@michishiruver)で聴きますよ

「苦しい」が自分の本音なんだ、っていうことを、じっくり時間をかけて自分に分からせていく感覚。

ゆっくり、ゆっくりでいいから。

逃げるために必要なこと②逃げるのOKって自分に言うこと

ちゃんと自分の「苦しい」の感情を認められるようになったら、逃げましょう

と、その前に、自分にOKを出して上げる必要がありますね。

世の中には、

「逃げるなコラァぁああああ」

みたいな指導が溢れてますね。はい。

だけど逃げたいなら逃げましょうよ

別にあなたは悪くない。

だって、「苦しい」っていう感情は「命を守るため」にこころがアピールしているものだから。

命なんて大げさ、と思うかもしれないけど、自殺や過労死からあなたを守るためのサインが

「苦しい」

なんです。

苦しい、を受け入れましょう。

逃げたい、に従いましょう。

これからの人生を語れるのは、生き延びた人間だけです。

まずは生きましょう。

生きてください。

そのために、逃げてください

はいど
はいど
OK? 

休めたらやってほしいこと

例えば不登校・休学生になったとして。

例えば休職したとして。

引きこもりリスクが怖かったり、将来に対する不安があったりすると思います。

ぼくは高校に行ってませんが、むしろアクティブに活動しています。

https://michishiruve.com/sexual-minority

もちろん最初は、「しんどい辛い寝る」って感じで暮らしていました。

あとは溜め撮りしてた東大王をずっと見てましたね。

まずはゆっくり休息。これは守ってください。

だけど自分の心がザワザワして、「自分何やってるんだろう」と思い始めて、

焦りが生まれたら、動くときです。

せっかく学校や仕事を離れたなら、いろいろやってみましょう。

こんなこと言っても信じられないかもしれないけど、

自分の興味分野について深堀りすればそれが仕事になる時代なんです。

好きなことの見つけ方については、詳しくは別の記事で書きました。

大丈夫、あなたは引きこもりでもニートでもない。

ただ充電期間が必要なだけです。

はいど
はいど
まずは休みを許すところからスタートだよ

まとめ:「苦しい」を感じよう。逃げよう

  1. 自分は苦しいんだと分かるようになろう
  2. 分かったら逃げよう
  3. 逃げたあとにも道はある。それはあとから考えればいい

逃げたい、という気持ちにこたえるために、あなたに必要な情報や考え方をまとめました。

すこし、本気で逃げよう、という気持ちになってくれたでしょうか。

逃げるのは確かに大変なことです。その場に踏みとどまるよりも大変なことです。

逃げずに頑張れば何かが見えてくるという考え方もあります。

だけどぼくは、「苦しい」と感じたなら素直に従うべきだと思います。

だってそれは、あなたのこころが出したSOSのサインだから。

はいど
はいど
逃げるのは悪いことじゃない。これだけは知っておいてね  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA