LGBTQ+

カミングアウトしても、理解されない…どうすればいい?

はいど
はいど
どうも、FtM&ゲイのはいど(@michishiruver)です

勇気を出して、カミングアウトしてみた。だけど、分かってもらえなかった。

ぼくにもそんな経験があります。

傷つくし、悲しいし、どうしていいのか分からなくなってしまいますよね。

でも、信頼して打ち明けたんだから、やっぱり分かってほしいっていう気持ちもあると思います。

実は、カミングアウトが失敗したときにも対処法はあるんですよ。

この記事では、カミングアウトがうまく行かなかったときに、どうしたらいいかを書いていきます。

記事を読み終わる頃には、解決の糸口が見えてくるはずです。

カミングアウトを理解されなかったときの対処法

  1. 相手の気持ちを知る
  2. LGBTQ+について知ってもらう
  3. 日常でそれとなく話をしてみる

ひとつずつ説明していきます。

相手の気持ちを知る

まず、相手は混乱しているということを知ってください。

もし自分の身近な人が、ある日突然「性別が違う」「同性愛者だ」と言い始めたら。

僕らとしては普通に接してほしいだけなのですが、相手は混乱してしまいます。

まだLGBTQ+への理解が進んでいない現状がありますから、カミングアウトで相手が不安になっているということも考えましょう。

複雑な気持ちになると思いますが、相手の心理を知っておくことで少し冷静になれます

LGBTQ+について知ってもらう

知ってもらうことは、理解の第一歩です。

セクシャルマイノリティーは病気ではありません。

気の持ちようでもありません。

当然ですよね。だけどそれを知らない人もいます

だから知ってもらいましょう。

正しい知識を持っていないと理解はできません。

  1. そもそもLGBTQ+とは何の略なのか
  2. 自分のセクシャリティが持つ意味
  3. 当事者が抱える問題

基本的なことから深めていくといいですよ。

コツコツ伝えることが大切。面倒くさいかもしれませんが、一歩ずつ進めていくしかありません。

日常でそれとなく話をしてみる

相手の気持ちを知りつつ、LGBTQ+について伝えつつ、自分のセクシャリティについても少しずつ話していきましょう

カミングアウトのときは一度に話したと思いますが、ちょっとずつ話していく感じで。

例えばぼくの場合、

  • トランスジェンダー→性別は女ではなく、男
  • ゲイ→男性を好きになること
  • まとめて、男性として男性を好きになる

「相手も混乱している」ということを述べましたが、一度に少しずつ伝えれば落ち着いて聴いてもらえます。

一度分かってもらえなかったことがあると話しづらくなりますが、もう一回勇気を出してみてください。

理解してもらうのは、少しずつです。

まとめ:カミングアウトが失敗したときにやること

  1. 相手が混乱していることを知って、一度冷静になる
  2. 理解してもらうには、LGBTQ+について知ってもらうことから
  3. 日常で少しずつ話をしてみる

カミングアウトして、理解してもらえなかったときの対処法について書いていきました。

理解してもらいたい、と思っているなら、しっかり話をすること。

相手を責めるのではなく、歩み寄る努力をすることが大切です

ただ、それでもどうしても分かってもらえなかったら、諦めるのもありです。

ずっと分かってもらう努力をするべき、というわけではないんですよ。

あなたの人生がラクになるように決断していけばいいんです。

カミングアウトお疲れさまでした。これからどうしていくか、ゆっくり決めていってくださいね。

はいど
はいど
 もし困ったことがあったら、TwitterのDM(@michishiruver)に来てください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA