LGBTQ+

LGBTQ+がカミングアウトする、メリットとデメリット。そしてリスク

はいど
はいど
どうも、FtM&ゲイのはいど(@michishiruver)です

LGBTQ+がカミングアウトするときには、いろんな心配がつきもの。

「ちゃんと受け入れられるかな」「そうやって伝えればいいんだろう」と思っているうちに、

そもそもカミングアウトなんてしなくていいんじゃ…?」と考え始める人もいるかもしれません。

カミングアウトをするのか、しないのかに正解はありません。

だけどカミングアウトしてみた人の意見が、判断基準になることはあるんじゃないかと思います。

この記事では、カミングアウト済みのぼくが、カミングアウトのメリット、デメリット、そして考えられるリスクについて書いていきます。

読み終わる頃には、ひとつ判断基準が増えているはずです。

ぼくのカミングアウトについてはこちらの記事をご覧ください↑

カミングアウトのメリット

メリットは、自分らしく生きられること。

例えば、ファッション。

FtMはボーイッシュな女の子と受け取られて、「女の子らしくしなさい」と言われることも。

MtFだともっと難しいです。

カミングアウトが受け入れられることで、自分にあった髪型や服装で生きられるかもしれません。

特に制服やスーツを着ている人にとっては、かなり重要。

それから、雑談に参加しやすくなること。

ささやかに見えてけっこう大事。

レズビアンでも、ゲイでも、関係なくみんなと恋バナしたいって人はいるだろうし、

自分が本来使いたい一人称を使えたら嬉しいって人は多いですよね。

みんなと同じ目線で話ができたら、嘘もつかなくていいし、気持ちがラクです。

 

あなた
あなた
異性愛者に見せかけないと

あなた
あなた
本当はこの性別でいるのが気持ち悪い…

って思わすに、肩の力を抜いて生きられたらいいですよね。

カミングアウトのデメリットとリスク

デメリットは、成功した場合には特になし。リスクも同じ。

ただし考えないといけないのは、失敗したときです。

失敗した場合、人間関係が壊れてしまうのがデメリット。

リスクとしては2つ。

受け入れられないかもしれない、それから、アウティングされること。

理解されない、受け入れられないっていうのは、あなた自身の一部であるセクシャリティを否定されること。

ぼくは目の前で、「同性愛って犯罪でしょ?」と言われたり、カミングアウト済みの人に女の子扱いされて悔しい思いをしたり、といった経験があります。

こころをズタズタにされるみたいな、頭が真っ白になるみたいな、激しい痛みでした。

カミングアウトするのは、相手に否定されるっていうリスクを犯すことです。

そして、アウティング。

もし自分のセクシャリティが、苦手な人や、知らない人に流出してしまったら

そう思うと怖くなる人も多いでしょう。

しかし、「アウティング」という言葉じたい知らない人もいるのが現状。

カミングアウトするときにしっかり口止めできればいいんですが、アウティングのリスクはゼロとは言えません。

理解されない、アウティングされる。

この2つが大きなリスク。

そうやって人間関係が壊れてしまうのが、カミングアウトのデメリットです。

成功すればいいんですが、不安は大きいですよね。

まとめ:カミングアウトは諸刃の剣

メリット

  • 自分らしく生きられる

デメリット

  • 失敗した場合、人間関係が壊れてしまう

リスク

  • 理解されないこと
  • アウティングされること

カミングアウトのメリット、デメリット、リスクについて書いていきました。

あなたがカミングアウトするかどうかの判断基準は、少し増えたでしょうか。

自分らしく生きるためのカミングアウト。

ただし失敗したときは、人間関係を壊してしまうかもしれないっていう恐ろしさを持っています。

カミングアウトするかは、あなたの自由

不安にさせるような情報まで、ぼくは包み隠さず書きました。

あとはあなた次第。

ムリにカミングアウトしなくてOK。やるならやるって決めて、腹くくっていきましょう。

あなたが自分にとって、最善の判断を下せますように。

カミングアウトする場合、こちらの記事が役に立つはずです。

はいど
はいど
 ゆっくり考えてみてね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA