LGBTQ+

子どもをジェンダーフリーで育てることのいい点とびみょうな点

子どもをジェンダーフリーで育てる、という考えがだんだん広まってきていますね。

このツイートの通り、ぼくは基本的に賛成の立場です。

ただツイートでは伝えきれませんでしたが、完全に賛成というわけではありません。

この記事ではぼくの考える、「子どもをジェンダーフリー=男女どちらとも決めつけずに育てる」という子育ての、「いい点」と「まだまだな点」を書いていきます。

ジェンダーフリーな子育ての例

  • 名前を中性的なものにする
  • 欲しがるなら男女どちら向けのおもちゃも買う
  • 保険証などに性別を記入しない

この他、ニュースに対するTwitterの声なども参考にしました。

名前を中性的なものにする

名前で男女を決めないようにするってことです。

例えばこんな名前があるらしい。

男の子

  • 飛鳥(あすか)他、明日翔、明日夏、など
  • 歩(あゆむ)他、歩夢、歩武、亜由夢、など
  • 伊央(いお)他、唯央、伊生、一桜、など
  • 泉(いずみ)他、泉澄、唯純、伊純、など
  • 伊吹(いぶき)他、一颯、泉吹、など

 

女の子

  • 晶(あきら)他、瞭、明良、秋楽、など
  • 中(あたる)他、充、直、など
  • 新(あらた)
  • 樹(いつき)他、樹季、泉月、五月、など
  • 海(かい)他、佳依、花衣、など

 

両方

  • 葵(あおい)他、蒼生、蒼唯、碧衣、など
  • 蒼羽(あおば)他、葵葉、青羽、青葉、など
  • 朝陽(あさひ)他、朝日、旭、など
  • 伊織(いおり)他、衣織、庵、伊桜里、など
  • 詩(うた)他、謡、雅楽、など

 

引用:男の子でも女の子でも使える中性的な名前101選

個人的には「朝陽(あさひ)」が好きでした。

はいど
はいど
あさひちゃん…あさひくん…かわいい…

欲しがるなら男女どちら向けのおもちゃも買う

簡単に言えば、戦隊モノでもプリキュアでもなんでもいいよってことです。

「女の子だから」という理由で子どものおもちゃを制限する親御さんが、他の大人に説得される動画をTwitterで見たことがありますが、そんな感じですね。

ぼくは小さいころ(女子時代)に、ライダーベルトやプラレールがほしかったですが、

よく考えるとおもちゃ自体そんなに買ってもらってませんでした。

はいど
はいど
まあその恨み節はまた今度で笑

保険証などに性別を記入しない

政府が性別決めるのってどうなの?っていうことで、

保険証に性別を記入しない、もしくは「Unknown(不明)」の略である「U」を記入する

という親御さんもいます。

保険証に限らず他の公的書類にも書かないそうです。

はいど
はいど
受験票とか書きたくなかったなー

ジェンダーフリーな子育てのいいところ

いいところはもちろん、

  • 子どもがジェンダーの違和感で悩まずに済む

この1点。

自分のジェンダーに気づく時期には個人差がありますが、

そのときに「自分は女じゃなくて男だった」とか「男女どっちでもないんですけど」という戸惑いが生まれます。

こんなジェンダーに対する違和感は、自分らしく生きるためには絶対ないほうがいいですよね。

はいど
はいど
ジェンダーは自分で決めるものだと思う!

ジェンダーフリーな子育てのまだまだなところ

正直、まだまだ考え尽くしてない部分が多いんじゃないかと思います。

  • 中性的な名前を嫌がる子もいる
  • ジェンダーレスの意味が浸透していない
  • 記入が必要な書類もある

中性的な名前を嫌がる子もいる

中性的な名前をつけるのはいいですが、親のエゴで完全に体の性別と逆の名前をつけるのは極端ですよね

男の子でも女の子でも使える中性的な名前101選で言うと、

女の子に「かずき」とかつけるとその子は悩むかもしれません。

一歩間違えば、いきすぎたキラキラネームみたいになります。

名前を言いがかりにいじめられることも、中学生ですら少なくありません。

親元を離れても、名前は一生のあいだ背負っていくものですよ。

はいど
はいど
親の自己満足になってないか考えないとね

ジェンダーレスの意味が浸透してない

Twitterでよく見かけたのが、「子どもに与えるおもちゃは男女分けしません」という意見。

これもちょっと違って。

そもそも「男女分け」っていう考え方をやめようとしているのに、「男の子向けのおもちゃも女の子向けのものも買います!」ってズレてる。

よく例に上がるのは戦隊モノとかプリキュアとかですが、両方好きな子もいます。ぼくもそうでした。

はいど
はいど
好きなものを好きだって認めてくれる環境が大事なんだと思う

記入が必要な書類もある

保険証に性別を書かないっていうのはないんじゃないかと思います。

非常事態のとき、適切なケアが受けられなくなりますよね。

ぼくはヘルプマークやヘルプカードといった医療に関わるものは体の性別を記入する派です。

命に関わりますからね。

はいど
はいど
何でもジェンダーフリーにすればいいってもんでもないよね

まとめ:ジェンダーフリーとか言って、形だけになってないですか?

と、問いたいです。

とはいっても、「この子には自分で性別を決める権利がある」と主張する大人がいるのは大きな一歩だと思います。

中性的な名前をつけるとか、形だけの部分を見ずに、

「そもぞもジェンダーフリーにする理由とは?」

「ジェンダー問題って何だ?」

とか、ゆっくり考えてみる社会にしたいものですね。

居場所を探してるあなたへ。

 

このブログをゆっくり読んで、

あなたの居場所にしてください。

そして、不安で眠れなくなったり、

苦しさで叫びたくなったりしたときは、

ぼくがあなたのみちしるべになります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA