はいどのはなし

非合理な人間でありたい │ みちしるべブロガーとして

どうも、はいどです。

僕は「みちしるべブロガー」を名乗ってます。

辛くて苦しい人の居場所になりたい。

このハードモードな人生を発信することで誰かが同じ轍を踏まずに済むんじゃないか。

そんな思いでやってます。

今日こんなツイートをしました。

この記事ではこのツイートを深掘りしていきます。

いつも切り捨てられる人の側に立ちたい

変われないことを悪としたくない

Twitterを見たり本を読んだりしていると、「変わろう」ということがよく言われます。

そして変わろうとしない人は悪であるかのように言われていることが多い。

でも僕はその風潮が好きになれません。

まるで「今すぐに適合できない奴はダメ」と言われてるみたいで。

もちろん考えるのも発信するのも自由ですが、その考え方からこぼれ落ちた人に手を差し伸べて、ゆっくりマイペースになってもらうのが僕の仕事だと思ってます。

変われないのには人それぞれ理由がある

変わるのって怖くないですか。

堀江貴文さんとかあんなに変わりまくって、毎日変化を取りまくっててすごいと思います。

でも所詮は人の人生ですから。

参考にするのはいいですけど、自分に合わないものをまるっきり真似なくていいんです。

確かに時代は変わっていく。僕らも柔軟に変わっていくのがいいでしょう。

だけど「もうダメ、死にたい」っていう人は「これからは〇〇の時代だ!変わろう!行動!」なんて言葉を真に受けなくていいんです。ほとんどの場合、発信者も別に「お前はダメだ」って言いたいわけじゃないです。

変わるのが怖い人、疲れすぎてそれどころじゃない人、他にも何かしら理由がある人には「一緒に休んでこうぜ、仮病でも使って」と言いたいし、休める場所になりたいです。

苦しんでる人に新しい苦しみを作りたくない

変われない人はもう十分苦しんでると思うんです。

失敗して反省してる子どもが「何してるんだ!」と怒られたら余計ヘコみますよね。

それを追い立てるように走らせる必要って別にない。

できる範囲でいいんじゃないでしょうか。

みんなが合理的じゃなくていい

「こういう人はいい、こういう人はダメ」って言ってる人は確固たる自分の意思もあるし、生き方としてはめちゃ上手なんだと思います。

だけどみんなが上手に生きられるわけじゃないですよね。生きるのが下手くそな人間だっているわけです。

下手な人間から言うと、合理的に生きるのって難しいです。

非合理的な部分、割り切れない部分が人間だなんて言うつもりもないけど、無理やり「こうじゃないとダメ」って言う見方をしなくてもいいと思います。

まとめ

この記事のまとめです。

今日は僕が発信する中で最近考えてることを書きました。

視点がズレてるとか色々あったかもしれませんが、僕の中に「人に変わることを強要したくない」というのは芯としてにあります。

これからも自分の考えは変わっていくかもしれないけど、「みんなができるわけじゃない」っていうのは常に考えていようと思います。

居場所を探してるあなたへ。

 

このブログをゆっくり読んで、

あなたの居場所にしてください。

そして、不安で眠れなくなったり、

苦しさで叫びたくなったりしたときは、

ぼくがあなたのみちしるべになります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA